*明日は3/11だからこそ今一度建物保険を見直してみては?*

明日は3月11日、東日本大震災が発生して6年が経ちますね。

 

 

今日お話をかかったのはJA共済連三重 日置さん(右)です。

 

JAの建物更生共済=建物の保険についてお話を伺いました。

 

 

 

よく火災保険で地震を保証してもらうには、

別の特約をつけないとダメ

と言った話も聞きますし

私もモチロンそうだと思っていましたが

 

なななななんと

JAの建物更生共済では違うんです!!

 

火災がもちろん、地震や雪害などの自然災害による損害まで

ワイドに保証してくれます!
自然災害の中でも特に地震はいつ起きるかわかりませんよね。

三重県では東海地震や東南海地震等の

大規模な地震の被害に遭うことが予想されています。

 

まさかの被害やきたるべき災害に備えて、

建物や家財家具の保障の点検をお勧めしています!

 
保障点検の大切なポイント!!!

 

1つ目は「いくらの保証に加入しているか」
万が一の被害にあった場合、当然ですが加入以上の保証は受けられません。

例えば、家の立て直しに必要な金額が2000万円で、

半分の1000万円しか加入していなかったときは、残りは自己負担になります。

ですから満額の加入をしているかが重要になります!

 

2つ目に「何の保証に加入しているか」
例えば家が火事で全部焼けてしまった場合、

家を立て直すだけでは元の生活には戻れませんよね?
JA共済の簡易評価基準では、

4人暮らしの家庭では、1500万円程度の家財家具があると想定されています。

 

ぜひ建物の保証だけでなく、家財の保証にも加入しているか確認をして下さい。

 

ちなみにJA共済では今、

「建物・家財の保障総点検活動」を実施しています。

 

JA共済にご加入の方はもちろん、

JA共済に加入していない方の保障点検やご相談も受け付けてくださいます。

 

JAの窓口は農家・組合員の方だけでなくどなたでも利用することができます。

建物更生共済もどなたでも加入できます。

ぜひこの機会に、JAの窓口へお気軽にお問い合わせください。