第6回伊勢形紙伝統工芸士展*。・

Pocket

こんにちは!

月曜日担当 浅沼里奈です*

 

 

今回は6/30(土)、7/1(日)に鈴鹿市伝統産業会館にて行われる

第6回伊勢形紙伝統工芸士展についてリポートしました!

 

お話を伺ったのは伝統工芸士会 会長の大杉 明さんです!

 

 

ご存じの通り伊勢形紙は友禅やゆかたなどの柄や文様を

着物の生地を染めるの使う伝統工芸品。

 

千年以上の歴史があると言われている伊勢形紙ですが

プリンターの発達した今では職人や需要も減っています。

 

職人さんたちは

若者や子供たちが1人でも興味を持って、

将来的に「職人になりたい!」「伊勢形紙に関わりたい!」と

思ってもらえるように、今回のような展示会を開催しています。

 

伊勢形紙の作品を見ていると日本の良さとか

日本人の丁寧で繊細なモノづくりへの姿勢も見られて

心がきれいになる気がします。

 

ぜひ皆さんにも直接目で見て触れていただけたらな

と思います。

 

 

当日の工芸士作品展示では新作・秘蔵作が並びます。

新作ではこの日のために力作を用意しています!!

展示のほかにも、実演・指導(10:00~11:30  13:00~14:30)

小林豊子きもの学院による着付け教室

形紙を実際に彫ってふうりんの短冊をつくる体験コーナーもあります!(各日100名限定)

 

 

 

絵柄たくさん選べます!

リポート前に私も彫らせていただきました!

とんぼの絵を彫りました♪

絵が印刷されていて、そこを彫刻刀で彫っていくのですが

 

細かい部分は結構大変!

目も肩も凝ってくるし

集中力がかなり必要なのも実感しました!

 

出来上がったものがこちら

 

よーく見ると線がガタガタですね^^;

でも、素人の作品は正確さではなく、

味や表情が素直に出るからそこがいいんだよって

言っていただきました^^

 

リポート中には大杉さんにも、彫っていただきました!

 

同じとんぼの短冊です。

私は7分かかりましたが(かなり急いで・・・笑)、大杉さんは

2分半!!

そして美しい☆

 

職人技をこの目で見ることができました!!

 

 

伝統工芸品を見る機会もなかなか少ないと思います。

 

地元の素晴らしい技術をぜひ今週末見に来てくださいね♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です