木のハガキを使った絵手紙コンクール✱森と子どもたちに笑顔を届けるプロジェクト

Pocket

こんにちは 迫田 藍子です♪

 

今回の水曜日夕方リポートは、
新型コロナウイルスの影響で
休校・休園によるステイホームを頑張る子供たちに向けた取り組み

 

コロナに負けるな!『 森と子どもたちに笑顔をとどけるプロジェクト 』についてご紹介しました🌳🌳

 

今回もスタジオからお電話を繋ぎましたよ

 

ご出演は
プロジェクトリーダー
《みえの木育 shop Mori Kuma 代表 》
上長野 ゆみさんです✨✨
(明るくて元気をもらえる素敵な方でした)

 

🔽みえの木育 shop Mori Kumaとは
木工体験
木育教材開発や製作、販売
こども自然体験教室
木のおもちゃ製作
木育、自然と子どもの育みに関する講座や研修会の開催などを行っています。



✳️木とふれあい、木のあたたかみを感じながら県内の間伐材を使った木工作を通じ、子どもたちと森が笑顔になるプロジェクト

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、三重県内も休校になり、ステイホームをする子どもたち。

 

そんな子どもたちに向けて
県内の間伐材を使った木育教材
「ブンブンゴマで遊ぼうキット」
「間伐材のお箸づくりキット」の 2 種類を無料提供する取り組みを4月に行いました。
(幼児から高校生までを対象に一人どちらか1セット)

 

そして・・・
この度、第2弾を立ち上げることに!

 

第2弾は
木のハガキを使った絵手紙コンクールです✉✨

 

木製のハガキなら何でもOK
市販品、手作り問いません
サイズは官製はがきで

 

テーマ 「 伝えたい思い 」
ステイホームで感じたこと
お家でやってみたこと
こんなことできた!
友達に会いたい、会えた!
など…
自由に今、伝えたい思いを描いてください。

※絵手紙とは、はがきを使い、絵に簡単に文章を添えた手紙のこと

 

協賛の 株式会社貫じん堂様より
三重県の木を使った木製ハガキをプレゼント!
▶応募は5月25日(月)~受付⭐

※先着150名様限定

 




●募集期間
2020年5月25日(月)から8月31日(月)まで
※当日消印有効

 

●対象
愛知、岐阜、三重の幼児から高校生まで

 

●応募部門と賞名と点数(予定)
①幼児から小学生までの部
②中学生から高校生までの部

 

それぞれの部ごとに以下の賞
・最優秀賞 1点
・優秀賞 3点
・入賞 10点
・その他協賛企業等からの賞が複数あります。


※各賞につき、賞状と副賞を贈呈いたします。また、入賞されなかった応募者には参加賞(粗品)を贈呈します。

*簡単なお楽しみ木工キットを予定

 

●応募先
〒519-2402
三重県多気郡大台町下三瀬557番地
森と子どもたちに笑顔を届ける PJ 事務局 絵手紙コンクール係 宛

 

協賛 株式会社貫じん堂
朝日堂印刷
武田製材
浦中こういち (絵本作家)
大台町観光協会
久保田勝典
※敬称省略


休校、休園、そして外出自粛の中ステイホームが続いた毎日。
外で思い切り遊びたい、自然に触れたい、友達と会いたい・・・
子どもたちが抱えた色んな想いが、きっと絵手紙の中に溢れるのではないでしょうか。

 

木のぬくもりを肌で感じる事ができるこのプロジェクト。
お話を聞いていてとてもあたたかい気持ちになりました😊✨

 

『 木のハガキを使った絵手紙コンクール 』詳細はHPをご覧下さい⬇