ミニハンドバッグのように見える【マスクポーチ】を開発/ネイション産業

Pocket

こんにちは 迫田 藍子です♪

 

マスクを付けて生活するなか、外で食事をする時はマスクを外しますよね?

 

外したマスクってそのままカバンに入れたり、ポケットにしまいがち。
入れるとしてもビニールの袋とか^^;

 

そんな時、コンパクトでお洒落なマスクポーチがあれば嬉しいですよね♪

 

ということで、
そんな希望を叶えてくれる”マスクポーチ”を開発された会社

度会町棚橋にある
「ネイション産業」をご紹介しました✩.*˚

 

お話を伺ったのは

ネイション産業株式会社 専務取締役

村田 誠司(せいし)さん

奥様で

株式会社インピアンチュラー代表取締役

村田 香さんです

とっても爽やかなご夫婦でした✨優しく迎えてくださり感謝です

🔷ネイション産業
主にmade in JAPANの婦人服を扱う縫製加工会社。

 

3月中旬からマスク不足で困っている地元の人の助けになればと、婦人服の縫製を手掛ける技術を生かして製造を始めました。

 

試作を重ねて完成させたマスクは表面糸・中糸・裏面糸の三層構造。素材はポリエステルやポリウレタンを使い、伸縮性やフィット感があるので、耳が痛くならないのが特長。

 

抗菌、消臭、UVカット効果などもあり、繰り返し洗って使えます✨✨

 

マスクを付けさせてもらいましたが、サラッとした感触が優しく肌触りもいいです。
また、息を吸った時にペコッと凹んでしまうマスクも多い中、こちらのマスクは全くそれが無いんです!!
空間がしっかりとあって息もしやすく本当に快適~✨✨

 

 

かなりこだわっているし、試行錯誤したと話す誠司さん。
横から見たシルエットもキレイなんです✩.*˚

 

▷▶︎地元の小学校などにマスクの寄付も行われました。

 

🟨マスクポーチ
広げたケースにマスクを入れて2つ折りにし、ボタンで留めると、耳に掛ける部分がハンドバッグの取っ手に。
大きさは縦約7センチ、横約13センチ。

現在、色柄は6種類です♪

 

■無地    黒/白/グレー

■デニム柄    紺/グレー

■ドット柄    紺

耳にかける部分を一緒にしまうとコンパクトなポーチタイプに。男性も使いやすいですね

外したマスクや予備のマスクを保管することもできます。

 

予備マスクの保管に使えるのもいいですね♪

 

大きさも女性の手のひらサイズでマスクと同じ素材なので軽くてサラサラした肌触り。見た目も可愛いんです♪

 

食事の時、テーブルの上にあっても清潔感もあるし、マスクが入ってるようには見えないかも😊

 

取っ手の部分(耳かけの部分)をカバンの中に引っ掛けられる所があれば、そこに掛けることもできるので、カバンから取り出す時も便利です👜

 

🔷開発に至ったきっかけ
マスクの受注が増えるなか、耳に掛ける部分をくりぬいた楕円形の余り布が大量に出ることに…。
そのまま廃棄する状況になります。

余り布を捨てるのはもったいない、何かに使えないかと香さんは考えます。

 

花びらのようにしてみたり、重ね合わせてみたり・・・

そして、試行錯誤した結果、

 

7枚を縫い合わせた、ハンドバッグ型のマスクポーチが出来上がりました✨✨

ネイション産業
【 マスクポーチ 】
布マスク1枚付きで780円(税別)
三重県内の「ぎゅーとら」にて
8月お盆明けに販売される予定です!!

マスクと同様、繰り返し洗って使えますよ✩.*˚

 

お問い合わせ
ネイション産業
0596-62-0251

 

✳️今後の展開
企業向けに企業ロゴのスタンプを押したマスクなどを製作予定。

試作を見せて頂きましたが、無地のマスクにシンプルなロゴが素敵でした。
企業向けだけではなく、お土産屋さんなどでロゴ入りマスクを目にする事もあるかもしれません(^^)

 

より良い品質を目指し、婦人服の縫製はもちろん、マスクへの情熱を感じるパワーのある会社でした✨✨