生活支援団体“鈴鹿フードパントリーブロジェクト”

今日は食糧支援や生活支援を行っている『鈴鹿フードパントリーブロジェクト』についてご紹介しました。【田中美香さんと末松佳子さん】にお話しをお伺いしました!

“鈴鹿フードパントリープロジェクト”は、昨年12月から活動している食糧支援、生活支援などを目的とした団体です。

この活動を始めたキッカケは、コロナ禍で仕事やバイトが減ったりなくなったり、著しく生活環境が変化してしまったあらゆる世代の方を、少しでも皆で支え合えたらという想いで活動を始めました。

昨年12月から不定期ではありますが、フードパントリーという食糧支援、生活支援に加え、生活相談や労働相談も行なっています。

寄付出来る物は、食料品・生活用品どちらも受け付けていて、食料品に関しては賞味期限内のものでお願いしています。支援を待っている方が特に欲しい物、また喜んで貰える物をお聞きしたところ、食料品に関してはレトルトや缶詰類、カップ麺、基本的にすぐに食べれるものだったり、お米や野菜など。生活用品は、洗剤類やトイレットペーパー、ティッシュ、生理用品など、生活に欠かせない物がとても喜ばれているそうです。私達がさほど必要ないかもと思っている物が実際喜ばれたりもするそうです。

学生さんを始め、シングルさん、外国人の方など、老若男女問わずさまざまな方が利用され、バイトや仕事をなくされたり、また体調を崩し働けなくなったり、そういった方が利用されるそうです。

寄付したいなと思った方は、foodpantry.suzuka@gmail.com

までご連絡をお願いします!ご希望の日時・場所まで伺います。フードパントリーは鈴鹿だけでなく、津や四日市でも不定期で開催しています。そういう活動をしている団体が三重にもあるんだということを、これから気にかけてもらえると嬉しいです。

第7回フードパントリーは、白子コミュニティセンターにて、9/4(土)14時〜15時30分に開催!ご来場の際は、エコバッグをご持参下さい。

【Twitter】
@foodpantrySt

【Instagram】
@foodpantry.suzuka.i

【Facebook】
https://www.facebook.com/foodpantry.suzuka/

狭間から共感を。“kyoukan茶”で共感しよう。

今日は四日市市川島町の狭間地区で作られている“kyoukan茶”をご紹介しました。おいしいお茶を飲んでいただいた方と共感したいという思いと、故郷である狭間を別読みして名付けられた“kyoukan茶”。『ハサマ共同製茶組合』の【山中千佳さん】にお話しをお伺いしました!

右:山中千佳さん

ハサマ共同製茶組合は、お茶の栽培から製造まで行う茶農家で、主体は煎茶の製造販売。6年程前から作っている「べにふうき」という品種の紅茶が、現在大変好評中です!「べにふうき」は、「べに」と言うだけあり、紅茶用の品種で香りが良く渋みが強い傾向があります。ウンカと言う害虫が葉っぱを噛むことによって、お茶自体が防衛反応を発出する事で、よりフルーティーな香りのお茶を作り出す事も出来ます。

べにふうきの紅茶とペアリングのお菓子

煎茶と紅茶の畑は土作りや環境作りが全く違うのでそれぞれに合った畑作りをしています。製茶においても、機械で収穫して、機械で製茶していますが、手摘み手揉み製茶のクオリティを目指しています。茶殻を見ましたが、葉っぱの形がそのまま残っていて、茶色が綺麗で色も均等でした。この葉っぱの形を残して製茶をするのはかなり大変だそうです。

お茶出ししてからの茶葉

そしてお紅茶を頂きました。渋味が少なく柔らかい感じで、フルーティーのような甘味のような味がして何か手を加えているのかと思ったら、特別な事はしていなくて、お茶の持つ本来の香りや味わいを引き出してあげるように、お茶の声を聞きながら丁寧に製茶しているそうです。日本の気候風土ならではの日本人に美味しいと思って頂けるお茶を作って行きたいとの事です。

紅茶「べにふうき」

葉っぱの声ってどんな感じで聞こえてくるのか質問たところ、声は聞こえませんがその日の湿度や音や風の具合で茶葉の状態は違います。その茶葉のポテンシャルを一番引き出せるような作り方を、香り、感覚、見た目など五感を使って茶葉の声を聞いています。これは作り手しかわからない感覚なんだとか。

そしてこの“kyoukan茶”が飲める古民家カフェ『kosanji棗(なつめ)』がオープンし、妹・やすほさんが働く予定です。やすほさんが現在勤務している虎三治と言うお店の3店目という形でオープンとなる古民家カフェ。おにぎりと日本茶がメインで、ランチは握りたてのおにぎりと全国から選りすぐり日本茶が付いた定食です。カフェタイムには日本茶とスイーツを用意していて、お父様父と姉・千佳さんが作る“kyoukan茶”もあります。

右:妹・やすほさん

“kyoukan茶”は“kosanji棗”で飲んで頂けて、ネットや地場産三重で購入出来ます。程良い渋味で紅茶を飲み慣れていない方でもストレートで飲んで頂ける美味しい紅茶です。是非、飲んでみて下さい!

【HP】
〈ハサマ共同製茶組合〉
https://kyoukan.biz/


【Instagram】

〈ハサマ共同製茶組合〉@hasama.farm

〈kosanji棗〉@kosanji_natsume

【Facebook】

〈ハサマ共同製茶組合〉https://www.facebook.com/hasamakyoudou/

引き込まれる宇宙玉『伊勢硝子』

今日は伊勢市で“ガラス作品”を作っている『伊勢硝子』の工房へ行って来ました!工房なだけにとても暑く、40度近くあるのでは無いかと言うぐらい暑かったです。【代表 藤原康行さん】にお話しをお伺いしました!

左:内藤さん、真ん中:藤原さん

こちらの工房では、ガラスのペンダントやオブジェ、伊勢・鳥羽のお土産物など、幅広く制作していて、最近ではガラスペン作りにも取り組んでいます。

ペンダントトップ
ブレスレット

ガラスの種類はボロシリケイトガラス(耐熱ガラス)で、ガラス棒・ガラス管・ガラスの粉・金箔・銀箔・オパールなどを使います。ガラスの材質は食器やビーカー、フラスコなどでも使われる耐熱ガラスになります。熱に強いガラスである為、2500℃以上出せる酸素バーナーを使用してガラスを溶かして行きます。

作業中の風景

ガラスを溶かすと柔らかくなり重力に従って動き始めます。放っておくと先端が垂れてしまいますが、ガラス棒を常に一定の速度で回し続けルと垂れる事無く先端が球状になっていきます。この透明の球状がペンダントのベースとなり、この球に色々な模様を付け足して行く事でペンダントにして行きます。

ガラスでバーナーで溶かして形を作っている様子

模様もガラスで作っていて、デザインによって技法があり一概には言えませんが、まず模様の元になる材料を作りそれらを溶かして合体させながら完成形の模様に変えていきます。他にも小さなガラスの点を並べて模様を作ったり、ガラス球にガラス棒で線をひいたりなどこれも本当に多くの技法があります。

完成までに5分で作れるものから一週間以上かかるものまでありますが、何を作るにも「デザインの検討」「作業工程の検討」「反復練習」を行っていて、一つ一つに愛情を込めて作っています。

ガラスを熱した後、膨らましている様子

伊勢硝子の作品の魅力は、「作品に作り手の感情がこもっている事」。自分の精神状態が影響して作品に表れているように感じる。なので、作品に込められたメッセージを読み取って見て頂けると作品の面白さが見えて来るのではないかと仰っていました。

こちらの置物もガラスで出来ています

体験教室もあり、宇宙をイメージした宇宙玉の体験教室で、小学5年生から体験出来ます。三重県在住の方は8/31㈫までは平日30%、土日は20%引きの割引クーポンキャンペーンを行っているので夏休みに是非遊びに行ってみてください。

そして、8/24㈫〜31㈫はイオン津南店で出店されます!

リポートが終わった瞬間にどなたかがInstagramをフォローして下さったようで、お二人ともとても喜ばれていました!イオン津南店での出店の際も、一声掛けて頂くととても喜ばれると思いますので、是非私のように作品に惹き込まれに行って頂きたいです!

場所:伊勢硝子
住所:伊勢市小俣町元町564
電話番号:0800-200-5133
営業時間:10:00〜18:00

【Twitter】
https://twitter.com/iseglass?s=09

【Instagram】
https://instagram.com/iseglass?utm_medium=copy_link 

【Facebook】
https://www.facebook.com/iseglass0/

【HP】
https://iseglass.shopinfo.jp/

伊勢志摩エリアに初のプライベートドッグラン付きグランピング『グランドッグ伊勢賢島』誕生

ワンちゃん好き、グランピング好きの方必聴でした!伊勢志摩エリアに初のプライベートドッグ付グランピング『GRAMP DOG伊勢賢島』がグランドオープンしました。【畠山さとみさん】にお話しをお伺いしました!

こちらの施設は、ペット連れの方向けのグランピング施設です。施設の目の前には英虞湾が広がっていて、全室オーシャンフロント。施設の外観、客室と共に黒色を基調としていて洗練された落ち着いた空間で、ペットと一緒に優雅なひと時を過ごせる施設となっています。

一番の特徴は、全ての客室にプライベートドッグランが付いているところ。プライベートドッグラン付きのグランピングを作ろうと思ったキッカケは、グランドッグ伊勢賢島が運営しているグランドーム伊勢賢島に、「ペットと一緒に泊まりたい」との要望やお問い合わせが多く寄せられたからです。ドッグランの広さは、通常のお部屋で100m2、広いお部屋で230m2。こちらでは犬の頭数を制限無いので何匹でも連れて行けます。

そしてワンちゃんに嬉しい事ばかり!チェックイン時にお散歩バッグや鹿肉ジャーキーのおやつ、ペット用のお水などをプレゼントしています。他にもワンちゃん用の食事にも松阪牛を使った物やアレルギー対応用のディナーコースなども用意しています。また万が一リードやカートなどを忘れてしまった場合にあれば助かるものが揃えられています。

お部屋の冷蔵庫に入っている飲み物は飲み放題、雨天時は室内でBBQをする事も可能です。松阪牛や伊勢の海の幸が準備されています!

予約はインターネットからかお電話で承っています。また、ペット連れてない方でも「プライベートガーデン付ヴィラ」のようなイメージでご利用可能です!是非この夏の思い出作りの一つに行ってみてください!

住所:志摩市阿児町神明962-1
電話番号:0800-200-5133

【HP】
https://dogglamping-iseshima.com

インターハイ常連校🏐松阪工業バレーボール部

バレーボール大好き山田梨果が、遂に『松阪工業バレーボール部』にリポードへ行く事が出来ました!8/2〜始まるインターハイに向けて選手達は猛練習をしていました!【監督 橋本雅司先生】にお話しをお伺いしました!

インターハイへのチームの仕上がりについて、インターハイ予選や東海大会からの修正点を課題にレシーブの強化に取り組んでいて2ヶ月前と比べ安定して来ました。

チームの特徴は、全国で見ても上位の高身長!平均185cm、一番の高身長は194cm!スパイクやブロックに期待が出来ますね!そしてキーマンは、レフトの二人のエース、中谷柊人選手と亀井颯斗選手!パンチ力がありブロックを吹き飛ばす位のパワーがあります💪チームのここぞと言う時に頼りになる二人ですねっ!

今年で36回目のインターハイ出場、勝ち続ける秘訣は…。毎日の基本練習や努力、日常の挨拶や基本的な事。私もこれは現役の時も今も言われますが、やはりプレーだけでは無く、日々の努力や日常の事も大切ですね。目標は、“インターハイ ベスト8”!そして急遽、キャプテンの小林柊斗選手にインターハイへの意気込みをお聞きしました!「今までの練習の成果を発揮出来るよう頑張ります!」と一言頂きました。

皆、真面目で先生の教えを守って頑張っている選手ばかりでした!初戦の洛南高校はかなり強いとお聞きしました。ベスト8を達成する為、一戦一戦しっかりと楽しんで戦って来て頂きたいです!三重県で応援しています!!!

株式会社 みのやより“平屋スタイルの家 完成見学会”のお知らせ

自然派住宅と言えば…、『みのや』ですよね!今、みのやでは“平屋スタイルの家 完成見学会”が開催されています。【住宅アドバイザー 野崎里津さん】にお話しを伺いました!

がいかん

鈴鹿市桜島町で行われていて、今回は平屋32.56坪。ペットとの暮らしを考慮したペット専用シャワールームやロフト付きの広々としたリビングが特徴です!

ペット専用シャワールーム

《平屋のメリット》
・お庭の土や緑を感じながらの生活。外と中の空間の繋がった解放感のあるのびやかで自由な暮らしが出来ます。
・ワンフロアなのでバリアフリーだったり階段の昇り降りが無く、ご高齢者の方の負担がありません。また、二階という制約が無い為、天井を高く勾配天井も可能です。
・最近シューズクロスや玄関土間収納、ガレージなど土間での空間が増えて来ています。昔からの自然の屋外の暮らしを生活に取り入れたニーズの表れではないかと思っています。

玄関横、土間スペース

ロフトには畳のスペースがありました!

和室は、自然を取り入れている空間が多いように感じる。と野崎さんが仰っていました。
また、和室がリビングに隣接している物件もありリビングと一体の空間として広く使いたいというご希望や、土間や和室をより身近に、こうしたプラン背景にはどこか自然をより身近に感じたいと思うお客様が多いように思うそうです。

ロフト

「人がより健康になる健康住宅」をコンセプトに天然素材にこだわり、どこか森林浴を感じさせるような事前な生活空間つくりを目指しているだけあり、家に入った瞬間から帰りまでずっと木の良い香りがしました!

2つある部屋の中の1つ

広々としたリビングやお部屋、キッチンスペースなど、実際現地へ行って見て頂きたいです!

ダイニング カウンターテーブル

日時:7月3日㈯〜7月25日㈰
住所:鈴鹿市桜島町3丁目10-27
電話番号:0120-818-190
※時間や場所などの詳細はお電話でお問い合わせください。

【HP】
http://www.e-minoya.com/

フレー、フレー、三重高校&松阪工業!

今年は三重県で“とこわか国体”が開催されると言う事もあり、県内はスポーツで盛り上がっていますよね!また、今月下旬からはインターハイ(全国高等学校総合体育大会)が始まります!小学校6年生から今もバレーボールを続けているバレー大好きな山田が、今日はバレーボール情報をお伝えしました!

昨年のインターハイは新型コロナの影響で史上初の中止になってしまい、今年は2年ぶりの開催!北信越地方(バレーボールは石川県金沢市)で行われ、女子は7/27㈫〜31㈯、男子は8/2㈪〜6㈮に開催されます。

三重県からは、女子:三重高校、男子:松阪工業が出場します。三重高校は、2016年以来のインターハイ出場!FM三重のお隣にある津商業とは、県大会では必ずと言って良い程決勝で戦っています。県内女子バレー部強い高校ランキングでも、この2校がトップです!

松阪工業は、インターハイ・春高共に常連校!インターハイは今年で36回目の出場、春高は6年連続38出場しています!県内では圧倒的な強さを誇り、今年は三年生を中心としたどこからでも攻撃できるコンビバレーを武器に、多彩な攻撃を繰り広げます。また、今年は三重県で“とこわか国体”が開催される為、この国体メンバーとして中学時代から強化された選手がチームの中心として活躍しています。「コンビバレーが武器」と言う事なので、この武器をしっかり使って、対戦相手や会場にいる皆を圧倒させて来て欲しいと思います!

そしてインターハイの組合せが発表されています!

今年のインターハイは無観客で開催されるとの事ですが、2年ぶりのインハイ!昨年出られなかった先輩やずっと応援・サポートしてくれている方々の気持ちを背負って、そして今まで試合が出来なかった気持ちを金沢で爆発させて来て欲しいです!

【インターハイHP】
https://www.zen-koutairen.com/?_ga=2.235427777.1957253430.1625486099-1754627038.1625486099

メナード青山リゾート“ハーブガーデン・ラベンダー”

今日は『メナード青山リゾート』へ行き【ホテル事業部 南出早也佳さん】にお話しを伺いました!

メナード青山リゾートは、津市と伊賀市の間に位置する総合リゾートで、宿泊施設・天然温泉・創作体験教室など様々な施設で楽しめる場所です。そんなメナード青山リゾートでは、今まさに旬を迎えているのが、ハーブガーデンの“ラベンダー”!

「ハーブの女王」と呼ばれ、ふくよかな香りと可憐な花で多くの人々を魅了するラベンダー。一面に広がる薄紫色の景色と、ふんわりと辺りに漂うラベンダーの香りを楽しむ事が出来ます。実際私もラベンダー畑を見ました!まずは綺麗!の一言。とても綺麗でテンションが上がるんですが、開放感があって落ち着いた気持ちにもなれる。そんな感じがしました。また、「海の見えるラベンダー畑」があって、海・山・ラベンダーがいちどに見られる素敵な場所もありました!

そして、ラベンダーの体験教室があります!

更にオススメのスイーツを教えて頂きました!期間限定のラベンダーレモネードです。炭酸ジュースで、ラベンダー感をほんのり感じられさっぱりとした味。ガムシロップが貰えるんですが、シロップを入れる事でまた違う味を感じられる!1つの飲み物で2つの味が楽しめます。

そして、オススメプランの「日替わりプラン」!温泉・ハーブガーデン・お食事(フレンチ・和食・9/30まではBBQから選べます)がセットになったお得なプランです。

“ハーブガーデン・ラベンダー”についてです↓

場所:メナード青山リゾート

住所:伊賀市霧生2356

電話番号:0595-54-1326

営業時間:9:00〜17:00

【HP】https://www.menard.co.jp/resort/sp/

【Facebook】https://www.facebook.com/Menard.Aoyama.Resort/

鈴鹿市で“作家”と“マルシェ企画・開催”で活躍!鈴鹿市を盛り上げたい気持ちから…

今日は鈴鹿市で活躍されている『中川メロディ製作所』【作家 中川紗央里さん】にお話しを伺いました!

中川さんは作家として布でバッグやポーチなどの小物雑貨を作ったり、マルシェの企画や主催をしています。

これからの季節だとカゴバッグや麻で作ったものなど、3.4月は幼稚園や小学校で必要な手提げかばんや上履き入れなども作っています。

中川さんは、「皆さんの生活の一部に自分の作品が登場出来る事はとても嬉しく、洗濯機での洗濯が可能になるように仕立てたり、自分を取り巻く時代や環境によって変わっていく感覚も大切に、素直に可愛いと思うものを反映させていく事で末永く楽しんで頂けたら!」と想いを込めて作っています。

マルシェについては、鈴鹿では小道具などのアンティークマーケットが少ないので個性的な作家さんなども積極的にお招きしてお好きな方がめがけて来てくれるようなマルシェを企画・開催しています。

ハンドメイド作品、飲食、古道具を扱っている作家さんをお呼びしています。

よりマルシェを楽しむためのコツは、マルシェで作家さんと仲良くなると普段オーダーNGな作家さんでもオーダーを受けてくれたりデザインの変更が可能になったりするんだとか…!また、食べ物はその場で食べるのももちろんですが夕食のおかずや翌日の朝食として買っていかれる方も多く、お客様や作家さんも最大限に楽しんでいます。

↑14店舗出店

↑30〜40店舗出店、民族系の生演奏もあります!

★どういうモノが並ぶか随時Instagramにアップ中ですので、checkしてみてください!

【HP】
“或いはマガリ雑貨店”
https://aruiha1025.wixsite.com/-site-1

【Instagram】
“中川メロディ製作所”
https://instagram.com/nakamelo.f?utm_medium=copy_link

“或いはマガリ雑貨店”
https://instagram.com/aruiha1025?utm_medium=copy_link

【Facebook】
“中川メロディ製作所”
https://www.facebook.com/nakamelo.f/

6/12㈯OPEN 食べくらべが出来るブルーベリー狩り

今日は津市にある『ポケットさんのブルーベリー農園』をご紹介!【川合利昌さん】にお話しを伺いました!

6月12日㈯から“食べくらべが出来るブルーベリー狩り”が始まります!一時間で食べくらべができ、自家製ブルーベリーで作ったスイーツ販売やテイクアウトもあります!

農園の特徴は、
・約37品種360株のブルーベリーがあり、農薬を使わずに育てている
・品種数も多く品種によって味が違うので食べ比べができ、味の違いを楽しむ事が出来る
・土を使わずポットにスポンジ状の粒を入れて養液を加えて細かく管理し、園内はシート敷で草も無くベビーカーも大丈夫


・トイレも水洗で衛生的なので女性の方に喜ばれている

品種によって、甘味・香り・大きさ・色・完熟時期が違います!甘くて大きいブルーベリーが作れる理由は、水はけが良く、水分も程よくある酸性土壌に近付ける事。一つの木にたくさんの実を付けてしまうと栄養が分散してしまう為、あまり付けないように一つの実に対して栄養がたくさん届くように調整しています。栄養状態のcheckなど環境に合わせた日々の細かい管理も大切にしています。

大きいサイズだと、100円玉や500円玉ぐらいのサイズがあるそうです!

6/12〜7/上旬はノーザンハイブッシュやサザンハイブッシュ系、7/上旬〜8/中旬はラビットアイ系。ラビットアイの方が、より甘味があり濃縮されているのだとか!

食べ頃のブルーベリーの見分け方↓
品種によって若干異なりますが、
・果実の裏側まで色づいている
・軸の付け根に黒いリングが出来ている
・軸が赤っぽくなっている
・実をつまんで簡単に取れるか

平日は予約制で、土日祝は予約無しでも可能ですが状況により入園出来ない場合があるのでお問い合わせ下さい。スイーツ販売は、ブルーベリー狩りの予約がある時間のみ営業しています。

場所:ポケットさんのブルーベリー農園
住所:津市久居明神町1690
電話番号:059-991-0123
営業時間:9:30〜15:00

【HP】
https://pocket-sbf.sakura.ne.jp/wp/

【Instagram】
https://instagram.com/pocket.s_blueberry_farm?utm_medium=copy_link

【Facebook】
https://www.facebook.com/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%BE%B2%E5%9C%92-138096250217774/