みなさんこんばんは!ADのありさです^^*



早速、今日の放送をチェックしていきましょう♪




.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+




月曜コーナー  『 Focus on JAPAN 』




毎週、気になる「政治」「社会情勢」の話題をピックアップ。

分かりやすく解説しているこのコーナー。

三重大学人文学部の先生方に週替わりで担当して頂きます。



今日の担当は、『西洋哲学』がご専門で、三重大学人文学部 の田中綾乃先生

お電話でお話を伺いました。

今日のテーマは『学芸員の有無問題から文化の意味を考える』


先日、山本幸三地方創生担当相が「一番のがんは文化学芸員。観光マインドが全くない。一掃しなければだめだ」と発言し、撤回に追い込まれました。

このニュースを聞き、一般的に『学芸員』という役割がどういうものか認知されていないと感じている田中先生。


学芸員とは、博物館法という法律の中に「博物館(美術館や科学館、動植物園や水族館も含まれる)には、専門的職員として学芸員を置く」と定められている、国家資格の事。

主な仕事は、資料の調査研究、保管、展示普及などで、文化や歴史的資料などを広く調査し、適切に保存、後世にも伝えていくというミッションを持った学術的な専門職だそうです。

今回の山本地方創生相の「大英博物館は、ロンドンオリンピックの際、観光マインドがない学芸員を全員クビにした」という明らかな事実誤認の発言、ここからわかることは山本地方創生相が「文化」や「歴史資料」といったときに、それをオリンピックの一時的な観光資源=経済資源でしか捉えていない、ということだと田中先生。


「文化」とは英語でcultureですが、このcultureはラテン語のcolereに由来し、本来は「耕す」「養う」という意味だそうです。

もともとは土を耕すという意味で、そこから「心を耕す」という意味となり、人間の精神面での能動的作用を意味するように。

culture=文化とは、長い年月を経て私たちが耕し、大切に育んできたもので、それがその国や地域の「文化」なんだそうです。

それは財産でもあり、「文化財」と呼ばれます。

「文化」と言った時には、そのような長いスパンで捉え、私たちの精神の営みこそが文化だと考えることが必要だと先生。

そしてその文化的価値を理解し、その文化を保存し、未来に伝えていくことこそが「学芸員」の仕事だといいます。

他方で、「観光」とはその土地の長い文化に根付いた風物や風景を楽しむこと

本来の意味で観光に来てほしいと思うならば、学芸員の存在は必要不可欠だそうです。


今回の山本地方創生相の発言を受けて、「全日本博物館学会」はこのような声明を出しています。

『文化財を守ることは、日本の文化や歴史を知り、未来に伝えていくための国民全体の責務であり、その取扱いについては文化庁の指導や文化財保護法及び関係法令の下で行われています。

博物館の学芸員は文化財の保護・保全を図りながら、同時にそれらの文化財を多くの人々に公開し、日本の歴史・文化を知り、親しんでもらうことに努力しています。

<中略>

博物館が収集してきた資料を研究し、その成果を活用することで、地域の人々が楽しく集い、学び、ネットワークを広げる場となっています。国内外の観光客が、ある地域について、また日本について知ろうとしてまず訪れる場が博物館です。博物館や美術館、文化施設等はそれぞれの展示や各種事業を行うことによって、むしを地域観光の拠点ともなっており、多くの人々に親しまれる存在です。』(「全日本博物館学会」HPより引用)


今回の件では、地域活性化として観光の経済的側面だけが注目されていますが、観光資源は長い年月をかけて培われた文化の上に成り立っているものであるということを考えるいい機会になったと田中先生。

その文化を研究し、保存し、継承する学芸員の仕事について、理解を深めることにもなったのではないでしょうか。




さて、今月まで第四月曜日にこのコーナーを担当して下さっていた田中先生ですが、

今日が最後のご担当となりました。最後に一言いただきました。

「一年半くらい担当させて頂いたんですけども、本当にありがとうございました。私自身ここでお話しさせていただいて、色々と考えるきっかけにもなりました。改めて文化ということの豊かさとかその魅力を伝えていきたいと思っています。」

田中先生、今までありがとうございました!




。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+


コスモ石油とJFN加盟局がパートナーシップを組んで「アースコンシャス~地球を愛し、感じるこころ~」をテーマに、

地球環境の保護と保全のメッセージを呼び掛かけていく活動、「コスモ アースコンシャス アクト」

その一環として、2001年より全国各地で展開しているクリーン・キャンペーンのシンボリック・プロジェクト

それが、『コスモ アースコンシャス アクト クリーン・キャンペーン in Mt.FUJI』

今年も開催が決定!

アルピニスト野口健さんと一緒に富士山清掃活動&エコトレッキングに参加してくださるリスナーさんを現在募集しています!

NPO法人富士山クラブの協力で現地ガイドの方々の説明を聞きながら、初日に富士山が不法投棄などによって汚されてしまった現実を清掃活動で体験。

2日目には富士山の原生林をエコトレッキングで体験。
日本人の心のふるさと、富士山の良い面と悪い面の両方を体験して、自然保護の重要性、環境問題の重要性について考えるプログラム。

野口健さんとともに環境問題について考えてみませんか。

レディオキューブからは、清田のぞみアナウンサーが参加しますよ~!

応募の締め切りは、2017年5月31日(水)

詳しい応募要項などは、こちらのページをご覧ください!

http://www.tfm.co.jp/earth/mtfuji/index.html




.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・




いかがでしたか?

それでは、EVENING COASTERまた明日夕方17時です!

聞いて下さいね♪

みなさんこんばんは!ADのあさみんです^^*


さぁ、今日の放送をチェックしていきましょう♪

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+



第三木曜日は
『NEWS EYE』

ご出演は、中日新聞三重総局長  阿部和久さんです。



s-P1080495.jpg


熊本地震から一年が経ちました。

改めて今回は震災関連の話題をお伝えいただきました。




熊本地震では、観測史上初最大震度7を2度記録し、

被害は大きく、関連死を含め225人が犠牲となり、

今でも4万7千人以上が県内外の仮設住宅などで避難を続けているという現状です。




熊本地震では、屋内にいることに不安を感じた被災者が車中泊を選び、

甚大な被害があった益城町では、4ヶ月も車中泊を続けたという方もいたそう、、

熊本地震での被災者へのアンケートでは、7割の方が「一度は車中泊をした」と答えたそうです

多くの被災者が避難所に入らずに車中泊を続け、

その結果、支援が遅れたというケースが出ました。





なぜ、支援が遅れてしまったのでしょうか。

熊本地震では、車中泊がどこで発生しているのか自治体がなかなかつかめず、

職員が空き地をくまなく探すローラー作戦をする必要があったといいます。


そして、車中泊をされている方の中には

障がいや高齢のため、大勢で過ごす避難所にいられない方もいらっしゃり

発見が遅れ、支援がも中々受けられないという問題もあったそう。



車で長期間生活をするのは、突然死にもつながるエコノミークラス症候群の危険性もあります。

予防のためには適度な運動もや水分補給が必要です。

特に災害時には、

まずは、自分が見つけてもらいにくいと自覚することが大事で

支援物資を受け取るためにも、自ら避難へ出向き、市町の名簿に登録してもらう必要もあり、

車中泊から早く抜け出すために仮設住宅の情報も積極的に探すことも求められるということです。




こうした熊本地震の経験を踏まえ、

三重県が本年度から災害時の車中泊対策作りに乗り出すことになったそうです。

県は、これまで地域防災計画で車中泊を想定いませんでしたが、

3月の改訂で新たに盛り込まれたそうです。

具体的な対応としては、

市町とともに被災者が集まりそうな駐車場をリストアップし、

災害時にはすぐに職員が向かって車中泊の名簿作りを始められるようにすることや、

車に乗っている被災者への情報発信としてラジオの活用もしていくということです!




熊本地震を教訓に、防災の意識や

もしもの時に取るべき行動などしっかりと覚えておく必要があるなと思いました。

s-P1080509.jpg



阿部さん、
ありがとうございました。

。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+


そして、番組の後半には、レディオキューブアナウンサー

代田アナ、清田アナがスタジオに登場!!!

s-P1080533.jpg

清田アナ、髪をバッサリ切ってとてもかわいいです(*^_^*)





代田アナ、清田アナがなぜ登場したかといいますと

明日から開催するお伊勢さん菓子博2017のプレオープンに

今日行かれたからなんです!!

番組内では、リポートの様子をお届けしましたよ★


お祭りムードで大にぎわいの会場の音が臨場感があり、

私も行きたくなりましたヽ(^o^)丿



そんな、明日4月21日から5月14日までの24日間開催される、お伊勢さん菓子博!

FM三重では、毎日会場となるサンアリーナから

なんと毎日、生リポートをお届けします(#^.^#)


第27回、全国菓子大博覧会・三重、特別コーナー

今日のお伊勢さん菓子博

月曜~金曜  8:51~8:56
土曜       10:55~11:00
日曜       9:55~10:00

こちらの時間に明日から開催期間中、毎日放送します!

イベントや見どころなどご紹介していきますので、お楽しみに(^o^)♪




s-P1080522.jpg


代田アナ、清田アナありがとうございました!!


4月20日(木)のEVENING COASTER

他にも、

『21世紀のエネルギーを考える会・みえ インフォメーション』

『広げよう、献血の輪!~いま、私たちにできること~』

など、最新のニュース&トピックス&ミュージックと共にお送りしました!

それでは、EVENING COASTERまた来週月曜、夕方17時です!



 2017年4月19日(水) 放送分



こんばんは、ADのりょうです。

今日は、気温も上がり、暖かいところが多い日でした。



先週の水曜に続き、今週も

代田アナウンサーによる(通称)

SHIROTA-COASTER

でお送りしました EVENING COASTER




今日は、今もこれからも楽しみな♪ゲストがいらっしゃいましたよ☆




。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



★☆ 本日のゲストは、沖縄県出身 Anly(アンリィ)さん ♪


Anlyさんは、若干20歳の今注目のシンガーソングライター

沖縄県伊江島(いえじま)生まれ。



話題の曲がたくさん詰まったファーストアルバム「anly one」のリリースを

1週間後にむかえ、

昨年4月の代田アナのRADICAL TUNES以来1年ぶりに

EVENING COASTERにゲストで来てくれました♪




・生まれ育った伊江島はどんなところ?

沖縄本島から船で30分くらいのところで、人間より牛が多いという島でのどか。

おいしいお菓子小麦チップスの「ケックン」がある。(おすすめは黒糖シナモン味)

ついに伊江島観光親善大使になりました!


・来週リリースのファーストアルバム「anly one」は、どんな内容?


初のアルバムということで、どんな音楽がしたいかというものを

バンと出しているアルバムになっていると思います。

私の中にある音楽のルーツを全部出した。

高校生のときに書いた曲はだいたいPOPな曲が多い。

POPな部分もあったり、フォーキーな曲もおススメ。


番組では、 この中の一曲

伊江島を想って作ったという「笑顔」を

アコーステックギターで歌ってくださいましたよ。

沖縄にいたときによく聴いていた

スキマスイッチさんとの夢のコラボも!!

アイデアを出し合いながら歌詞などを書きました。




・普段は、ほぼすべて作詞作曲をされるAnlyさん。どんな時に曲が生まれる?


バスに乗っているときとか、電車に乗っているときなど乗り物にのっている移動中に。

なにか浮かぶんじゃないかとワクワクしながら♪だから移動は疲れません♪

もし三重に向かう途中で曲が出来たら、

「これ三重に向かう途中でできた曲!」と

言いに来たいです!!

もしそんなことがあったら、スゴイ!!

楽しみですね~♪♪♪(^^)




・今後の活動は?

Anly 1st Live Tour 2017 "anly one"

6月9日(金) 名古屋ell.SIZE 18:30/19:00
6月10日(土) 大阪南堀江knave 17:30/18:00

どちらもソールドアウト!

フリーライブ

5月2日(火)18:00~
アスナル金山(愛知)

詳しくはHPをチェックしてくださいね☆




・今後どういうアーティストをめざして活動をしていきたい?


ジャンルを決めずに、私がおもしろいなと思ったことをどんどん

フィルターを通して皆さんに届けられたら。

いずれは、伊江島でフェスを出来るようなアーティストになりたい。



s-20170419Anly.jpg

今年20歳になったとは思えないしっかりさに代田アナも驚いていました。

作詞作曲をされますが、歌声もすごいんです!!

まだの方は要チェック!!ですよ!!!

http://www.anly-singer.com/

ありがとうございました!

ぜひぜひ、またお越しくださいね!!☆




。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+


◆津市情報マップ

■ グリーンフェスティバル 2017

とき : 4月22日(土) 午後3時~夜の9時まで

ばしょ : 近鉄久居駅東口側 「緑の風公園」



久居地域に、心に残り続ける風物詩を創りたい・・・という

い想いでスタートしたイベント。


午後3時から、

久居地域を中心としたこだわりグルメや雑貨、

ワークショップを集めた「グリーン・カフェ・マルシェ」

県内や久居地域で活動するアーティストに加え、

スベシャルゲストを迎えてのアコースティックライブが行われます。



午後5時30分から、
ひとりひとりが思いを込めてロウソクに火を灯す

キャンドルナイトを開催します。

キャンドルナイトは、地元小学生の手作りのシェードや、

地域のみなさん、そして地元企業の協力を得て行われ、

約5000本キャンドルが灯る夜景は圧巻です。


オシャレなお店に心地良い音楽、

そしてあたたかいキャンドルの灯りで、

素敵な春の一日をお過ごしください。


お問合せは、

津市久居総合支所 地域振興課

電話 059-255-8846



■ 津市民薪能

とき : 4月29日(土) 午後5時30分~

ばしょ : お城公園 (雨天の場合 津センターパレス 2階 中央公民館ホール)

観覧無料


「能」は、長い歴史を持つ我が国独自の芸能で、奥の深い総合芸術。

初代津藩主・藤堂高虎公も、「能」を好んだら伝えられ、

かがり火の幻想的な雰囲気の中で行われる『津市民薪能』は、

津市の春の恒例。


「能」の演目は、琵琶の名手経政(つねまさ)の物語『経政』と、

「能」と並ぶもうひとつの古典芸能「狂言」の『飛越』、

そして能の演目の一部を囃子なしで舞う「仕舞(しまい)」などが披露されます。

解説もありますので、
初めてご覧になるという方も、気軽にお楽しみいただけます。

出演は、喜多流の長田 驍(おさだ たけし)さんと 長田 郷(おさだ あきら)さんを

はじめとする皆さん。



詳しくは、

津市文化振興課 電話 059-229-3250 まで。

。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+






水曜日は、2週に渡って代田アナによる

SHIROTA-COASTERでお届けしました。

おつかれさまです。




富田アナ来週はお帰りになるのでしょうか・・・?不明です(笑)




それではまた

★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★

EVENING COASTER

月 ~ 木  17:00~18:55

★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★

でお会いしましょう( ´ⅴ`)ノ ばいばーい