ゲストは・・カラスは真っ白 シミズ コウヘイさん☆ / SELECT NEW BOOKS☆

☆*+♪+*★*+♪+*☆*+♪+*★*+♪+*☆*+♪+*★*+♪+*

皆さん、こんばんは☆ ADの白石です♪


さて、本日のEVENING COASTERは・・・★☆

☆*+♪+*★*+♪+*☆*+♪+*★*+♪+*☆*+♪+*★*+♪+*

 
ゲストは、 カラスは真っ白 シミズ コウヘイさん☆☆

s-P1050536.jpg 
 
2010年に結成され、Vo.ヤギヌマカナさんのシュールな世界観と歌声、ファンキーポップな世界観が魅力の、 カラスは真っ白
 
全国ワンマンツアーは軒並みソールドアウト、国内だけでなく海外でも評価されている、いまとても熱いバンドです(><)!!
 
今日はギタリストでMCの シミズ コウヘイ さんがスタジオに来てくれました!
 
なんと伊勢生まれ、津育ちだというシミズさん(@o@)!!
自ら希望して、東海地方に来てくれたんだそうです・・・!
津で通っていたプールの話や、よく帰省するという話など、地元トークをたくさん聞かせてくれました☆☆
 
 
s-P1050544.jpg
 
バンド名「カラスは真っ白」の由来をお聴きしたところ・・・
Vo.ヤギヌマカナさんがバンド名を提案した際に、
 
「"しましまパンダ"と"カラスは真っ白"、どっちがいい?」
 
という究極の2択で、まさかの消去法で決められたそうです・・・・(笑)
ヤギヌマさん的には、あくまでバンド名に深い意味は無い・・・のだとか?
 
さすが、シュールで独特な世界観ですね(^^)
 
今日は、9月2日にリリースされた4thミニアルバム「ヒアリズム」より2曲、
・ヒズムリアリズム
・ニュークリアライザー
 
をお送りました!いかがでしたか?(^^)
 
s-P1050551.jpg
 
今後は、カラスは真っ白にしかできないことをやっていきたい
(たとえば、水族館でライブ、遊園地で「しか」ライブしない・・・とか、皆で松阪肉食べまくるライブとか・・・!?)
と語ってくれた、シミズさん!
 
今後の動向、要チェックです!!☆☆☆☆
 
【カラスは真っ白 の今後の予定】
 
・明日9/16(水) 名古屋タワーレコードPARCOにて、シミズコウヘイさんワンマントークショー
・9/17(木) 梅田Zeeraにてライブ☆
・9/22(月祝) 名古屋APOLLO BASEにてライブ☆
 
公式ホームページはこちらから☆
 
シミズさん、ありがとうございました~~(>▽<)
 
s-P1050538.jpg
地元トークに盛り上がったスタジオでした♪♪
 
 
 
☆SELECT NEW BOOKS
 
 
週替わり月1コーナー 火曜TOPIC★
第3火曜日は「SELECT NEW BOOKS」のコーナーです☆
 
ご出演頂いたのは、
ブックアドバイザー 山上昌彦さん
 
 
さっそくですが、本日ご紹介頂いた本は・・・
 
・「マイストーリー 私の物語」 (林 真理子 著 朝日新聞出版)
・「英雄の書」 (黒川 伊保子 著 ポプラ社)

s-P1050530.jpg 
 
 
・「マイストーリー 私の物語」 (林 真理子 著 朝日新聞出版)
 
朝日新聞(朝刊)で連載されていたという本書は、出版をめぐる人々の欲望を鮮やかに描き、連載時から話題になっています(><)
 
自費出版社の編集者である男性が主人公。
 
男性の元には、本を出したいというさまざまな依頼がきます。
 
◆芥川賞作家の母の自伝を出してほしいと頼まれますが、その原稿には、娘の担当編集者と性的関係を持ったことなどが赤裸々に書かれていた・・・・
 
◆死んだ夫の人生を本として残したいと美しい未亡人から依頼され、本はドラマ化されるなど有名になりますが、彼女がAV作品に出ていた過去がネットで騒がれ・・・また、その美しい未亡人に惹かれてしまい・・・
 
という、 非常にセンセーショナルで刺激的な内容となっています!!!(><)
 
上記ひとつめは女性ウケが良く、ふたつめの未亡人のお話は男性ウケが良い・・・という説も????
 
私も少し読んでみました(時間の関係で一部しか読めませんでしたが。。)が、引き込まれる文章で、それぞれの人生、そして未亡人の妖しくなまめかしい魅力に夢中になってしまいそうな作品です(><)(笑)
 
 
・「英雄の書」 (黒川 伊保子 著 ポプラ社)
 
変わってこちらは、「脳科学で解明する"人生を切り開く"方法」「未来を生き抜く全世代向けマニュアル」ともいわれる一冊です(^^)
 
あなたが小説家だったら、自分を主人公にしたとき「要領よく有名大学に入学し、有名企業に就職し、誰とも喧嘩することなく平穏に暮らしました」などと書くでしょうか。
脳だって同じこと。
あなたの人生をドラマティックに盛り上げてくれるせっかくのイベントを「失敗」や「孤独」などと読んで怖れたり傷ついていても始まりません。 
 
・・・これだけを聴いても、読んでみたい!と思いますよね(><)
 
◆ダルビッシュ投手や錦織圭くんが「大リーグが夢」とか「グランドスラムが夢」などと言うだろうか。
 スティーブ・ジョブズが「世界に通用する商品を作るのが夢」なんて言っただろうか。
 夢、なんてことばは、それが万が一にしか手にできない人たちが使う言葉だ。
 (英雄に「夢」は要らない、の章より)
 
◆そう好きでもないのに、テキトーなところで手を打っていると、「好きでたまらないもの」を探すセンサーが鈍ってしまう。
 さびしいからとテキトーな友達や恋人を見繕っちゃだめ。
 面倒だからとテキトーに買い食いしてすますと、いつまでたっても「好きでたまらないもの」は見つからない。
 人生をなめちゃいけない。こういう日常のささいなことで脳は作られ、その同じ脳で、大きな勝負に耐えなければならないのだからね。
 (たまらなく好きなものをみつけなければならない、の章より)
 
などなど、これはほんの一部です。
あなたの琴線に触れる言葉が必ず見つかるとおもいますよ~(^^)♪♪
 
どちらも必読です!
ぜひ読んでみてくださいね(^^)
 
山上さん、今日も素敵な本の紹介をありがとうございました~~♪♪
 
 
☆*+♪+*★*+♪+*☆*+♪+*★*+♪+*☆*+♪+*★*+♪+*
 
さて☆本日のEVENING COASTER、いかがでしたでしょうか?
 
☆*+♪+*★*+♪+*☆*+♪+*★*+♪+*☆*+♪+*★*+♪+*
 
 
また明日17時にお会いしましょう★ それではまた☆☆
 
☆*+♪+*★*+♪+*☆*+♪+*★*+♪+*☆*+♪+*★*+♪+*