「 これを聴いているみなさん、

 ハンドルを握っている皆さんも

 どうか、自分のいのち、だけではない。

 家族、友人、自分には沢山の人の想い、いのちが

 乗っかっていると思ってほしいです 」


sumi.jpgいのちの言葉プロジェクト 代表
公益法人犯罪被害者支援センター顧問

鷲見 三重子さん


三重県 鷲見拓也 16歳

もう帰ってこないのは解っているのに、今日も帰宅途中の高校生の中に拓也を探してる。
「腹減った、今日は何」という声をもう一度聞きたい。
平成9年4月24日、横断歩道で事故に遭い「覚悟をしてください」
と何度言われても、わが子が死ぬとは思わなかった。
意識は戻るとお守りを手に巻き付け、頭をなで足をさすり「苦しいと言ってごらん」「お母さんと言ってごらん」と耳元でささやいた。
けれども一度も目を開けず、しゃべることもなく、5月8日に逝ってしまった。
その日は弓道場で連続15射して、道場の壁に拓也の札が掛けられた。
貴方は自分の力で生きた証を残していったね。
加害者は免許停止にも関わらず、親が「あの車は縁起が悪い」と言って新しい車を買い与えられていた。
拓也が命に代えて伝えたかったこと、「社会のルールを守ろう」
それは誰もが「人に殺されるために生まれてくる命も、また殺すために生まれてくる命もないんだ」と、ルールを守れば被害者は出ないんだと気づかせてくれたね。
16年間楽しい思い出をいっぱいくれたあなたにありがとう!!