『おぼろタオル』をご紹介!

2021年5月10日月曜日。

今日は津市上浜町にあります『おぼろタオル 株式会社』に伺いました。

おぼろタオルの常務取締役 森田 壮(もりた つよし)さんからお話を伺いました。

【おぼろタオルについて】

1908年(明治41年)創業。

「おぼろ」とは、おぼろ染めの技法のこと。

経糸(たていと)を着色することなく、緯糸(よこいと)のみを染色することで、パイル生地の下に『おぼろげ』に見える、霞がかったような風情ある模様が付いています。タオルを濡らすと一転して鮮明に浮かび上がる!という素晴らしいおぼろ染め技法は、特許を取得しています。

また、ガーゼタオルはガーゼ生地とタオル地を組み合わせたもので、昭和2年に日本で初めて生産・販売されたそうです。

県内で独自技術を受け継ぎながら生産を続けている『おぼろタオル』は、昨年3月に

【三重ブランド】に認定されました!

これまでの歴史や伝統的な製法、革新的な特許技術などが評価されている『おぼろタオル』さんです!

様々な種類がありますが、

髪・顔・体専用の

【専用タオル】シリーズをご紹介します!

【専用タオル】とは、髪・顔・身体のケアに特化して開発されたタオルシリーズ。

【専顔[せんがん]タオル】は、とっても繊細な糸で時間をかけて作られた洗顔後専用のタオル。肌に触れた時のフワフワ感が心地良いです!敏感なお肌をふんわり包んでくれます。

【専髪[せんぱつ]タオル】は、「吸水スピード」と「吸水量」を特許技術によって格段に上げているタオル。軽く頭に巻いて押し当てるだけで水分を素早く吸いとってドライヤー時間も短縮してくれます。

【専身[せんしん]タオル】は、身体洗い専用の特別なタオル。3重ガーゼ構造で、デリケートなお肌を優しく洗いあげてくれます。赤ちゃんの沐浴からご年配の方まで幅広い世代に安心して使えるタオルです。

この他、ショップ内には様々な種類のタオルがあります。

「伊勢古式着物文様タオル」

伝統技術を改良して、より複雑で立体感ある柄を染める技術で伝統工芸の伊勢型紙の精密な図柄を写した【伊勢古式着物文様タオル】

「おぼろ百年の極み」

伝統技術と新技術により、軽いのに吸水力が抜群の最高級シリーズ【おぼろ百年の極み】

この他にも目を引く商品がいろいろと…

ふわふわタオルでトートバック
フード付きになるバス&フェイスタオル
枕カバーになるバスタオル
ご挨拶用(プチギフト)のタオル
贈答用タオルセット

サンプル品のコーナーもありますので、様々な種類のタオルを実際に触れて体感してみてください!!!

伝統をしっかり継承しながら、個性ある商品を次々に生産されている『おぼろタオル』さん!

オンラインショップもありますので、是非ご覧になってください!

おぼろタオル公式オンラインストア

おぼろタオル 株式会社

【住所】津市上浜町3-155

【電話】059-225-8292

FANS SHOP OBORO

【営業時間】午前9時〜午後5時

【定休日】土曜・日曜日

✳︎但し、毎月土曜営業日も有り

住宅展示場『LOGWAY BESS三重』をご紹介!

2021年4月26日月曜日。

今日は鈴鹿郵便局から西に300mくらい先にある住宅展示場

『LOGWAY BESS三重』に伺いました。

ホームナビゲーター 加藤 慈規(かとう よしき)さんにご案内していただきました。

【BESSとは?】

自然の木を使ったログハウスを自宅用としてご提案。自然派ののびのびとした暮らしを提案しているブランドです!

外にはカメやアルパカのオブジェも!可愛い!

【LOGWAY】とは?

家を比較する一般的な住宅展示場でなく、『BESS』の暮らしを体感してもらう場所。

自宅みたいにゆっくり寛ぎながら自分らしい暮らしを見つけてもらう場所。なので、『LOGWAY』と呼んでいるそうです!

BESS三重には、それぞれ違う個性を持った家が3棟建っています。

今回お邪魔したのは………

三角屋根の白い家

ログハウス『G-LOG(ジーログ)』です。

約50本もの丸太を使って建てられています。

中に入ってみると………

木の温もりあるリビング
その上は開放感ある大きな吹き抜け!
2階のロフトには天窓があって明るい!
窓が大きくて外と繋がっている感じが心地良い!
屋根裏風の子ども部屋!憧れでした!!
こんなデスクだったら想像力が膨らみそう!
窓からすぐデッキと庭につながっています。
BBQが楽しめたり、
ガーデニングを楽しんだり…

自然を楽しむ!季節を感じる暮らしが楽しめますね!

来場される方は、キャンプやアウトドアが好きな方、こだわりの趣味を持っている方、自然体で自分らしい暮らしをしたいと思っている方が多いそうです。

また、BESSのLOGWAYを体験した事で、

『こんな暮らしがしたかったんだぁ!』と、

気付かれる方もいらっしゃるそうですよ!

なんと、建物1棟貸し切って、半日過ごす体験が出来るそうです!

見学と違って、貸し切りでのんびり過ごせば、

実際の暮らし心地を体感できるからお勧めです!

お気軽にお問い合わせくださいね!

お庭にハンモックをかけて……

あーこんな暮らしがしたかったぁ〜!!!

って感じてもらえると思います!

皆さんも是非体験してみてください!

BESS三重

【住所】鈴鹿市西条5丁目81

【電話】059-381-7337

【営業時間】午前10時〜午後6時

【定休日】毎週水曜日・第2,3,4木曜日

三岐鉄道(株) 連節バス愛称募集中!

2021年4月19日月曜日

今日は四日市市 富田にあります三岐鉄道 株式会社にお邪魔しました。

自動車部 運行管理課 伊藤課長からお話を伺いました。

自動車部正面入り口

三重県北部地方を中心に、鉄道による旅客 及び 貨物輸送、乗合バス、貸切バスを軸に旅行業、サービスエリア店舗営業、ガソリンスタンド経営など地域経済の一翼を担い、地方交通を支える公共交通機関として地域社会の発展へ貢献を目指している三岐鉄道(株)です。

現在運行しているバス路線『四日市大学線』で新しい交通システムとなるBRT(連節バス)の導入に取り組んでいます。

BRTとは『Bus Rapid Transit』の略で、連節バス・PTPS(公共車両優先システム)・バス専用道・バスレーン等を組み合わせて走行環境を整備することで、速達性・定時性が確保出来るシステムです。二酸化炭素排出量の削減にもつながり、環境にもやさしいシステムです。

その中心となる連節バスは、大量輸送のために車体が2つ繋がっているバスのことで、通常のバスに比べ長く、全長およそ18m、定員は約110名!だそうです!この連節バスの導入は、令和3年秋頃を目指しているそうです。早く見てみたいですね!

今、この連節バスの愛称を募集しています!

より多くの方に利用していただけるよう、分かりやすく親しみのある愛称を募集中です!

愛称に採用された方(最優秀賞)は、1ヶ月間四日市大学線乗り放題券と連節バスグッズをプレゼント!!

また併せて『連節バスグッズ』のアイデアも募集しているそうです!

連節バス愛称募集について詳しくは、三岐鉄道ホームページをご覧になるか、自動車部 運行管理課までお問い合わせください!

受付終了は、令和3年4月30日金曜日です。

良いアイデアがひらめいた方は、是非ご応募くださいね!!

三岐鉄道 株式会社

【住所】四日市市富田3丁目22-59

【TEL】059-365-9105

みんなのための居場所!『コミュニティハウス ひびうた』

2021年4月12日月曜日

今日は津市久居幸町にあります【コミュニティハウス ひびうた】さんにお邪魔しました!

ひびうた代表の大東悠二(おおひがし ゆうじ)さんからお話を伺いました!

レトロな外観!趣があって素敵です!

【ひびうた】は、

誰もがそれぞれのペースで過ごせるみんなのための「居場所」です。

【ひびうた】は、

小さな図書館まちライブラリー@ひびうた文庫を運営しています。

地域の方々から寄贈された本は、1,600冊ほどになったそうです!

地域の方々が自然に交流できる開かれた広場のような『図書館』!

【ひびうた】は、

「こどもの居場所&みんなの居場所」

10時から17時まで「みんなの居場所」として子どもたちが自由に過ごせる場所です。

【ひびうた】は、

珈琲焙煎所「コーヒーハウスひびうた」を運営しています。

コミュニティハウス「ひびうた」の隣にあります。

ノンカフェイン、ハイカフェインコーヒーの専門店。

ここで焙煎した珈琲を地元のカフェやオンラインショップで販売。

珈琲の焙煎と梱包は障害を抱えたメンバーが行っています。皆さん自分らしく働いているそうです!

このように、様々な活動をされています!

そして、ここ【ひびうた】で、

新しい取り組みを始めるとのこと。

✳︎4月より『こども食堂』がスタート!

地元の旬の食材、新鮮な野菜を使った優しい食事を食べて欲しい!という思いで始めたそうです。

今日のメニューは『大根めし』と『絹さやと卵の味噌汁』
みんなで食べると楽しいですね!
美味しそう!楽しそう!

毎日夕方6時から中学生までの子とその家族が食材費100円(高校生から200円)で食べることができます。予約が必要で当日午後3時までにLINE公式アカウントのトークから予約。もしくは電話059-202-1591まで。

✳︎大人のための『夜の図書館』がスタート!

みんなの居場所としてオープンしている図書館を夜7時から9時まで大人向けの図書館として開いています。

ゆったり『大人の時間』をお過ごしください!

✳︎4/23(金)本屋『ブックハウス ひびうた』オープン!

この階段を上がって行くと………
素敵な空間!!!
間もなくオープン!本屋さん!

この本棚に、古本、新刊本、児童書など、様々な本が並ぶ予定です。

オープン当日はトークイベントを開催。

山本善行さん&大阿久佳乃さんが『本屋と私』というテーマでお話されるトークショウは予約制です!

【ひびうた】では、

この他みんなで楽しめるような様々なイベントを開催↓↓↓

一人一人に寄り添うような本を取り揃えた、

みんなの居場所【ひびうた】

好きな時に、好きな人と、好きな事ができる場所【ひびうた】

是非訪れてみてはいかがでしょうか?

コミュニティハウス『ひびうた』

【住所】津市久居幸町1116番地

【連絡先】059-202-1591

津市の『三重高等自動車学校』をリポート!

2021年4月6日から春の全国交通安全運動が始まります。レディオキューブでも交通安全キャンペーンを実施中です。

これから免許を取得しようとする方へ、しっかり指導・サポートをしてくださるのが

【三重高等自動車学校】です!

どのような自動車学校なのか?

校長の松本治さんからお話を伺いました。

近鉄江戸橋駅から徒歩数分。三重短期大学すぐ隣にあります指定自動車教習所です。

三重大学、三重看護大学など周辺に大学が多いことから学生が多く通われているようです。授業の空き時間などを利用してスマートフォンで簡単に予約出来るのも嬉しいですね!

受付では職員さんが笑顔でお出迎え。

アットホームな雰囲気を感じました!

こちらの教習所は、県内の自動車学校の中で、運転免許取得後1年以内の事故率が低いという結果が出ていました。

これは、江戸橋付近の狭い道路や交通量が多い国道23号など様々な道路で練習することで運転技術が磨かれていくそうです。

またモットーは、『優・楽・笑』

「優しく!楽しく!笑顔で!」

優しく、楽しく、笑顔でサポートしてくださる明るいスタッフのみなさん!

『優・楽・笑』=「YOU ラクショウ!」という意味もあるそうです!

携帯やスマホで教習の予約や、いつでも自動車試験問題が学べる学習機『満点様』も活用できます!

車椅子のまま利用できる送迎車

昭和57年開校当初、バリアフリーが一般的でなかった頃から車椅子の方も通える教習所として設計されています。

入り口は段差のないスロープ
スムーズに入れます
バリアフリートイレ

高齢者講習受講者の方にも大好評。環境だけでなく『心のバリアフリー』も大切にされているそうです。

安全を確認しながら一般道へ。

事故を起こさないためにも一人一人の心掛けが大切ですね!親切・丁寧に、指導してくださる『三重高等自動車学校』職員の皆さん!

これから免許取得される方、高齢者講習、企業の安全講習を希望される方、お気軽にお問い合わせください!

三重高等自動車学校

http://miekouto.com/index.html