2021.9.16(木)子育てコープ

こんにちは♪

子育てに役立つ情報や、子育てサークルの紹介、

パパやママたちの声などを紹介している

『子育てコープ』

9月は"防災月間"

ということで・・・

今回は鳥羽市で地域の防災マップづくりをしている

【安楽島(あらしま)キッズ探検隊】をご紹介しました(*^-^*)

IMG_9613.JPG

2005年から防災や防犯をテーマにした

「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」に取り組んでいて、

毎年10月頃にまち歩きをして地域の点検をしています。

IMG_9569.jpg

【安楽島キッズ探検隊】を指導している 浜口 敬司(はまぐち けいじ)さん に、

普段どんな活動をしているのかお話をうかがいました\(^o^)

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

【安楽島キッズ探検隊】ができたきっかけは...

2005年から浜口さんのお仲間(お子さんの親御さんたち)で

防災のことが気になったので

防災マップ作りをしよう!ということになったのがはじまり☆

防災は大事なことなので、

子供会に手助けするというカタチで続けていこう!となって、

1回コンクールに向けてまち歩きをするように。

まち歩きの結果を防災マップにまとめて

コンクールに応募するのが

【安楽島キッズ探検隊】の主な活動です(*´▽`*)

IMG_9618.JPG

活動は、

子供会の会員の中で興味がある子が参加しているとか。

子供会は小学校1年生から6年生までですが、

ちびっこの参加もOK

まち歩きは、興味がある方は一緒に歩こう!と

行われているそうですヾ(≧▽≦)

『普段自分が住んでいる町でも

通学路とか、塾へ行く道とか、遊ぶ場所とか

ほとんど決まっていると思うけど、

それ以外にも自分の町を知ろう!とまち歩きをしています。

その中で"こんなところが危ないんじゃないか"とか、

"避難路がここにあるの?"などを知ることで、

防災意識を高めてもらおうとやっています』と浜口さん。

IMG_9566.jpg

子供たちがまとめたものが

「安楽島防災マップ」

みんなで一緒に町を歩いて、

自分たちでメモを取りながら、写真を撮りながら、

歩くんだそうです☆

それを1枚の真っ白の紙に、

写真を貼ったり写真に対するコメントを書いたり、

町の人に聞き取りしたことをグラフや表にまとめて...

皆さんに分かりやすいように作っています!

IMG_9558.jpg

すごい!完成度高い!!ヽ(^^)

地域の地図があって、

矢印だったりいろんな色のシールが貼られていて、

写真とともにこういったところを工夫したとか

ここに注目したとか細かいポイントが書かれているんです!

同じ写真でも

子ども達から見て安心なところとか、

これは危ないなと思ったところなど

色分けして貼ってあったり。

いろんな町の人から聞いた言葉や

聴き取り調査したところも表にまとめて...

一度に結果が分かるように子供たちがつくっています(*^^)v

みんなで協力して作成してあるので、

努力した結果や試行錯誤した様子が残っているのも

手作りならではの良さ♪

実際改善できるところは、

改善した結果も書かれているのも分かりやすい!

IMG_9559.jpg

『毎年歩いているので

「あれ?去年はこんなのじゃなかったけど

改善されとる、直っとる!」とか言って

子ども達もびっくりしたり喜んだりしとるんです』

と浜口さんも嬉しそう(´艸`*)

自分たちが住んでいる町のことだから

興味も沸くし、防災意識も高まりますよね!

IMG_9560.jpg

子供会の活動の一環として始まった防災マップ作りは、

17年連続で毎年コンクールに応募していて、

なんと2016年には文部科学大臣賞を受賞!!(上の写真)

すごいっっヾ(≧▽≦)

AEDの設置場所、防災無線の聞こえ方、防災倉庫の場所など、

毎年テーマを変えてマップを作っています。

2020年は新設された

デジタルチャレンジ賞を受賞!

IMG_9615.JPG

毎年、町の人たちに報告会をしていて、

そこでは子ども達の率直な意見、

ごまかしのない言葉が大人へと届きます。

子供たちが実際に見て触れて感じた

子供目線の意見や改善点を、

地域の大人も共有することで、

コミュニティ全体の防災意識づくりにも役立っているとのこと☆

IMG_9619.JPG

『地域の大人からも

"いろいろ助かっています"っていう言葉をいただいているので

子供たちやその親御さんたち、僕のモチベーションにもつながりますね』

と笑顔で話す浜口さん。

【安楽島キッズ探検隊】の活動が長く続いている理由は、

自分たちの地域を愛する子供の行動力と

それを若い世代へ伝えたい大人のサポートがあってこそ!

これからも地元愛を引き継いでいってほしいなぁ、と思いました(*´▽`*)

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

次回も、

【安楽島キッズ探検隊】のお話のつづきをご紹介します。

お楽しみに♪

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

最後にコープみえからのお知らせです。

コープみえのお店では、

ラインでのお友だち登録募集キャンペーンを行なっています!

こだわった商品の数々、この機会に

ぜひコープのお店の魅力を見つけてください。

詳しくは、コープみえのホームページで検索してみてください(*^^)v

こちらをクリック

コープみえのホームページなどもご覧ください♪

ホームページFacebookInstagram

2021.9.9(木)子育てコープ

こんにちは♪

子育てに役立つ情報や、子育てサークルの紹介、

パパやママたちの声などを紹介している

『子育てコープ』

今回も、前回につづいて

子どもの権利を考える【松阪子どもNPOセンター】

ご紹介しました(^^

IMG_9329.jpg

松阪市日野町のカリヨンプラザ1階に事務所を構え、

子どもたちが伸びやかで豊かな"子ども時代"を過ごすために、

さまざまな活動をサポートしている【松阪子どもNPOセンター】

今日は、活動のひとつ

「まつさかファミリーサポートセンター事業」で行われている

子育てのお手伝いをする"援助会員"の養成講座について

【松阪子どもNPOセンター】理事長 の 釜谷 惠子(かまや けいこ)さん 

事務局長 の 明石 須美子(あかし すみこ)さん に、

お話をうかがいました(●´ω`●)

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

援助会員養成講座は

一般の方に向けての講座になっています。

受講するのは会員さんになる方だけでなく、

孫育てをしているおじいちゃん・おばあちゃんや

子育て中のお母さん、

他にも「今すぐには会員になれないけど聞いておきたい」という方にも

受講してもらっているそうです♪

養成講座3.JPG

講座を受けていただくと、

「前もって聞いていたら、子育てが違ったかもしれない...」

という声も聞かれるほど、目にウロコな情報が学べるとか!

特に、子育て真っ最中のときなんて

欲しい情報・知りたい情報はあるけど、

なかなか学ぶ機会がないですもんねぇ(;^_^A 

分かるわー!笑

ということは、お母さんになる前でも勉強になるってことですね!

でもよく言うのが、

聞いててもなかなかそうできなかったり、とか

思うようにいかないのが子育て☆

だからこそ、

『仲間を作っていただいて

「私もそう!」という声をつなげたい!

できたら、そんなお母さん同士のつながりも

作っていきたいと思っているんです』

と釜谷さん。

IMG_9332.jpg

援助会員の養成講座は受講無料で、

一度受講すると援助会員になることができます☆

ほとんどの会員さんが

その後も更新研修を受け続けるなど、

常に情報をアップデートしているそうです\(^o^)

   

ファミサポ事業.JPG

援助会員というのは、

子育てを助けてほしい"依頼会員"と

できるだけ近い方をマッチングします♪

男性の援助会員さんもいらっしゃるし、

長い期間援助するので、

ご年配の援助会員さんだと

孫を見守るような感情になることも多いそうです(´艸`*)

送迎など少しの時間でも

子どもが「今日はどうやった、学校こうやった、塾こうやった...」など

援助会員さんに自分の話をすることで

少しずつつながりが出てきて、

ポロッと気持ちを出してくれたりします。

そこが大事なところ。

話せる存在になる、いろんな人の目があるのって大事ですね!

『少しでもそういうつながりができるようなことを

やっていきたいなって思っていて、

親以外の大人を知っていくってすごく大事なこと。

地域で子育てをして、地域の人が見てくれてたんや、って

子ども自身が見守ってもらっていると感じることが大事ですよね』

とおっしゃいます。

IMG_9330.jpg

いろんな活動をされる中で、心がけていらしゃることをうかがってみました。

『やっぱり"子ども主体"というのを柱に

どの事業も考えていますし、

振り返りも常にどうやったんやろって、子どものことを考えています。

なかなか"子ども主体"って言葉で言っても

難しい部分も多いですが、

そこをきちんと考えてやっていくことが

子ども達が本当に自分らしく豊かな時代を過ごせるかなって思うので。

いろんなかたちで「子供とお話する」場面をつくっている、

という感じですね』

と優しく話す釜谷さん(*^-^*)

ご自身も子供の頃から地域で見守ってもらっていることを今でも実感するし、

それを感謝している、というお話も聞かせてくださいました。

子ども達の健やかな成長は

家庭と地域、そして周りの大人たちのあたたかい見守りが

とっても大事だなぁとあらためて感じました( ˘ω˘ )

2020.10.25託児.JPG

他にも、会員だけでなく一般の親子も参加できる

ステップアップ研修会や交流会なども毎年開催しており、

子どもと子育て家庭を支援する活動を行っています☆

【松阪子どもNPOセンター】について

詳しくはホームページで!

こちらをクリック

【松阪子どもNPOセンター】の皆さん、ありがとうございました!!

次回は、鳥羽市の【安楽島キッズ探検隊】をご紹介します。

お楽しみに♪

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

最後にコープみえからのお知らせです。

コープみえのお店では、

ラインでのお友だち登録募集キャンペーンを行なっています!

こだわった商品の数々、この機会に

ぜひコープのお店の魅力を見つけてください。

詳しくは、コープみえのホームページで検索してみてください(*^^)v

こちらをクリック

コープみえのホームページなどもご覧ください♪

ホームページFacebookInstagram

2021.9.2(木)子育てコープ

こんにちは♪

子育てに役立つ情報や、子育てサークルの紹介、

パパやママたちの声などを紹介している

『子育てコープ』

今回は

子どもの権利を考える【松阪子どもNPOセンター】

ご紹介しました(^^

IMG_9336.jpg

松阪市日野町のカリヨンプラザ1階に事務所を構え、

子どもたちが伸びやかで豊かな"子ども時代"を過ごすために、

さまざまな活動をサポートしています。

今日は、

【松阪子どもNPOセンター】理事長 の 釜谷 惠子(かまや けいこ)さん 

事務局長 の 明石 須美子(あかし すみこ)さん に、

お話をうかがいました(≧▽≦)

IMG_9327.jpg

【松阪子どもNPOセンター】の主な活動について。

まずひとつは

「ファミリーサポートセンター事業」

これは

子育てを助けてほしい"依頼会員"と、

子育てのお手伝いができる"援助会員"をマッチングしたり、

援助会員の養成講座も行っていて、

双方をサポートしています(*^-^*)

IMG_9335.jpg

また、力を入れているのが

「チャイルドラインMIE

これは

三重県子どもNPOサポートセンターに団体会員として入っていて、

その中の団体の人たちとともに

子ども達の電話を受ける事業です☆

【松阪子どもNPOセンター】では

月曜日を担当していて

毎週4時から9時まで全国の子ども達の電話を受けているそうです!

全国の高校生までが対象で、

できるだけ近いところの電話につながるようになっていて、

他の県からはもちろん、三重県からの電話も入ってきます。

ちなみに、

昨年の三重県からの発信の電話は

6,175件あったそうです( ˘ω˘ )

中でも、今年は自分のことについての相談が多かったそうで、

例えば、

男の子の"性"の悩みもたくさんあったとのこと。

中学・高校くらいになると

昔はもっと気軽に先輩とか友達に話したり...が多いのが、

今はそういう機会も少ないこともあってかな、とおっしゃっていました。

IMG_9331.jpg

普段なら"学校に行きたくない"という電話が

まず悩み事として多いそうですが、

昨年から今年は、

コロナ禍で生活が変わった影響もあって、

"友達に会いたい"とか"学校に行きたい"

という声も聞こえたとか。

『チャイルドラインは

「指示・指導しない」っていうことで

子ども達の心に寄り添って聞くようにしています。

子ども達には生きる力があるし、

解決できる力があるって信じているので、

本当に「子ども達の声を聞く」という電話です』

とおっしゃっていました。

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

また、子どもだけが相談できる

「こどもほっとダイヤル」は

虐待された子ども達を必要な場所へつないだりもできる電話。

今は電話以外にも、

オンラインやチャットなどもあって、

時代に合わせて広がってきているそうです☆

IMG_9329.jpg

電話対応をするスタッフの皆さんは

「振り返り」というのを必ずやっているそうです。

『子ども達と話していると、

"大人の良かれは、子どもの良かれじゃない"んやなぁ、

って感じることが多いんです。

子どもは失敗して学んでいく。

でも、大人はその子が失敗しないようにガードしてしまいがち。

ただ、ガードしてしまうと、その子の経験がなくなってしまうので...』

と、人生の先輩だからこそいろんな葛藤もあるそうです(*'ω' *)

失敗して次に重ねていく、ということの大事さもありますよね!

『自分で決めて、

決めたことに責任をもつということも経験していかないと

"今回はあかんだで次はこうしてみよっか"って、

前に進んでいけるので』

と優しく見守りながら、そっと背中を押す大人の皆さん。

子ども達に寄り添い、受け止めてくれるって

とってもありがたいし心強い存在だなぁと思いました(●´ω`●)

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

話したいことがある子ども達へ。。。

子ども専用電話「チャイルドラインMIE」「こどもほっとダイヤル」

話したいことがあったらいつでも利用してくださいね☆

【松阪子どもNPOセンター】について

詳しくはホームページで!

こちらをクリック

次回も、

【松阪子どもNPOセンター】のお話のつづきをご紹介します。

お楽しみに♪

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

最後にコープみえからのお知らせです。

コープみえのお店では、

ラインでのお友だち登録募集キャンペーンを行なっています!

こだわった商品の数々、この機会に

ぜひコープのお店の魅力を見つけてください。

詳しくは、コープみえのホームページで検索してみてください(*^^)v

こちらをクリック

コープみえのホームページなどもご覧ください♪

ホームページFacebookInstagram