今夜は、 vivid undress を迎えてお届け!

2014年に結成されたロックバンド、vivid undress。

Vo&Gtのキイラさんをリモートでお迎えしました!

キイラさんが音楽をやめようか、、なんて考えているときに、やめちゃだめだ!と

当時アルバイトしていたライブハウスの店長さんからメンバーを紹介されたことが結成のきっかけ。

作曲はメンバー全員で行い、作詞はキイラさんが手がけるスタイルで楽曲制作しています。

歌詞は赤裸々でストレートな表現も多く、実体験をベースに作ることが多いそう。

ちなみに、ヴィヴィアンが限定で行っていた配信コンテンツKeyリオさんの「スナックりお お耳の恋人」

これがもうほんとうに最高に面白くって、にやにやしちゃう、、、。いつかリアルで、

スナックりおにお邪魔したいです全力で!!!( ˘ω˘ )


6月23日リリース!!2nd mini Album「愛のゲイン」について

毎回、新たなテーマでの作品制作に挑戦していく中で

今まで作ったことがないテーマ"愛"に向けてつくられた1枚。

独得のメロディと雰囲気には中毒性があります。

コロナ渦のなか、ひとりで閉じこもることも多くなった世界、無味無臭で色のない世界から

救い出してくれるのが1曲目の「オリジナルカラー」

また、寄り添ってくれるような3曲目の「そばにいて~愛のゲイン~」

ぎゅっと抱きしめられた、そんな感覚をくれる、ときめき。

M-Cabi新コーナー「はじめてのなになにコーナー」

今回初めての番組。右も左もわからない中、奮闘中な宮原ですが

みなさんにもはじめてがあったはず!ということで聞いてみようというこのコーナー♪

題して...「はじめてのなになにコーナー」!!!

おなじみのあのテーマのもと、

「はじめての○○したのは?」

ピアノを習っていた幼少期の初ライブ!可愛すぎるな~、、なエピソードです♡

7月16日 高瀬統也 #435

今夜は、 高瀬統也 さんを迎えてお届け!

愛知県出身のシンガーソングライター、高瀬さん。

ご出演は今年の5月以来、2度目です!

1996年生まれ、私と同じ年ということで勝手に親近感を持ってお話させて頂きました( ◠‿◠ )

高瀬さんは学生時代、テニスのインストラクターのアルバイトをしていたご縁もあり、

テニスラウンジのCMソングタイアップもされています。

テニスの楽しさを広める活動もしていて、高瀬統也テニス部なるものを発足する予定なのだとか!!

いいな~わたしも入部したい!テニス下手くそなんだけども...(小声)


6月9日リリース!!1st mini Album「MEMO RANDUM」について

備忘録を意味する「MEMO RANDUM」

その名の通り、今までに制作してきた楽曲たちを集め、曲順などを組みなおした1枚。

今作はなんと、日本版、海外版同時リリースなんです!すっごい!!

昨年リリースされたアルバムが香港のエレクトロニックトップチャートで1位を記録するなど、

海外での熱い支持もあり、このようなリリースになったそう。

高瀬さんの楽曲は、メロディや声からさまざまな感情が伝わってくるからこそ

言語の壁を乗り越えて愛されているんだと感じます。

そんな中で、1曲だけ新曲が収められています。「センチメンタルじゃ終わらない」

これもまた、制作から沢山の思いやドラマがあります。つづきはぜひ、オンエアで。

M-Cabi新コーナー「はじめてのなになにコーナー」

今回初めての番組。右も左もわからない中、奮闘中な宮原ですが

みなさんにもはじめてがあったはず!ということで聞いてみようというこのコーナー♪

題して...「はじめてのなになにコーナー」!!!

おなじみのあのテーマのもと、

「はじめての○○したのは?」

高瀬さんのはじめてのアルバイトばなし~!返答にびっくり!\(◎o◎)/!

7月9日 K #434

今夜は、K さんを迎えてお届け!

韓国・ソウル出身のシンガーソングライター、Kさん。

2005年にデビューし、今年でデビュー17年目に突入しました。

学生時代はバンドを組んで音楽をしていたKさんですが、解散のタイミングで様々なオーデションを

受け、そのタイミングで日本のオーデションに合格し活動をすることになったそう。

大ベテランなのにとっても優しく、気さくな方で、なにより言葉ひとつひとつがご自身の中から出てきた

表現で素敵だなあと感じました。

そして、好きな食べ物について、とある冷凍食品トークで大変盛り上がりました(笑)


5月26日リリース!!Digitalsingle「Day'N'Night feat.MADz's」について

今回、なんと18歳、長崎出身の3人組ラップクルー、MADz'sとの共同制作作品!

サブスクで彼らの音楽に出会ったKさんは、インスタのDMで連絡をとって自らコラボを提案したそう。

コロナ渦でなかなか移動できない中、完全リモートでの音楽制作を行い

互いの収録環境を極限まで寄せながら、制作。"音楽"の上では、年齢や経験関係なく意見を出したり、

作り上げていくことができる。その楽しさがものすごく伝わりました。

Kさんは、どんな音楽ジャンルにおいても制作するとき、何か一つときめく部分、上品さみたいなものを

大切にしたい。と話してくれました。素敵だなあ。

また、MVでは18歳の彼らに全く引け目をとらないKさんがかっこよすぎるんです!!!!!

M-Cabi新コーナー「はじめてのなになにコーナー」

今回初めての番組。右も左もわからない中、奮闘中な宮原ですが

みなさんにもはじめてがあったはず!ということで聞いてみようというこのコーナー♪

題して...「はじめてのなになにコーナー」!!!

おなじみのあのテーマのもと、

「はじめての○○したのは?」

Kさんが音楽を続けてきた中で見出した答え。深く胸に刺さりました。何事も準備が大切ですね、