「ボルボXC40」に乗って出かけたのは

津市河芸町東千里にある「マリーナ河芸」

IMG_0996.jpg

IMG_1006.jpg

は夏!

というイメージですが、

に乗って楽しむなら、秋こそオススメです。

波が穏やかで、海上で過ごしやすいんです。

マリーナ河芸では、の保管のほか、クラブハウスなどもあり、

を間近に感じることができます。

や免許をを持っていない人でも楽しめるクルージングなどもあります。

IMG_1005.jpg

マリンスポーツの他、レストランやバーベキュー、

を見ながらの講座も楽しめます。

ご紹介してくださったのは株式会社マリーナ河芸 支配人 阪本純子さん。

IMG_1010.jpg

マリーナ河芸の隣には、親水公園、海浜プロムナードなどもあり、

ローケーションも最高です。

IMG_1002.jpg

マリーナ河芸

住所:津市河芸町東千里854-3

TEL:059‐245‐5001

HP:http://www.marina-kawage.co.jp/index.html

「ボルボXC40」に乗って出かけたのは

名張市赤目にある赤目ビジターセンター

IMG_0955.jpg

「忍者修行の里 赤目四十八滝 忍者の森」忍者修行体験ができるんです。

まずは忍者衣装に着替えます。

IMG_0949.jpg

ピンク黄色など、色とりどり。
大人用、子ども用があります。

体験は10種類以上。
「手裏剣術修行」「登り術修行」「逃避術修行」「水ぐもの術修行」「飛び猿の術修行」・・・

IMG_0924.jpg

「吹き矢術修行」

一息で毒針を急所に命中させる修行。

もちろん、修行ですから普通の針を使いますが、
息をうまく使って、的を狙うのがなかなか難しい。
難易度★★★

IMG_0937.jpg

「侵入術修行」

綱を渡って的の屋敷に侵入する修行。

難易度★★★

非常に難しいのに、
お話してくださった赤目四十八滝渓谷保勝会 増田成樹さんは楽々と・・・

IMG_0942.jpg

「座さぐりの術修行」

暗闇で刀のさやで敵を探し、さやが敵に触れた瞬間を撃つ忍者刀修行。

難易度★★

増田さんの刀さばきは目にもとまらぬ速さで流石ですが、
私は明るい部屋でやっても、全くできず。
私的には難易度★★★★★

IMG_0950.jpg

忍者修行体験を終えると「伊賀赤目流忍術免許皆伝の書」がいただけます。

忍者文字で書かれているんです。

忍者は闘うというイメージがありますが、
本来の役目は、闘いを減らし、争いを未然に防ぐことです。

伊賀忍者に思いを馳せながら、伊賀忍者の本場で、忍者修行体験を!

10月14日(日)には年に一度の「忍者修行選手権大会」が行われます。

日時:2018年10月14日(日)
受付:9時から
午前修行開始:10時30分~12時
午後修行開始:1時30分~3時

参加人数:100名

料金:幼児1550円・こども1750円・大人2000円

事前申し込み制ですので、詳しくは「忍者修行の里 赤目四十八滝」公式サイトをご覧ください。

http://www.akame48taki.com/

10月から始まった新番組「ボルボ・アクティブライフ」

ボルボに乗って出かけたいおススメのアクティブライフスポットをご紹介していきます。

第1回は番組のご紹介です。

1.jpg

津市高茶屋小森町に7月オープンした「ボルボ・カー 津」

スタイリッシュでありながら、あたたかさも感じられる北欧風の外観。

株式会社ホワイトハウスが運営する県内2店舗のお店です。

 

2.jpg

店内には展示車やボディカラー、インテリアカラーの見本、ボルボグッズがそろっています。

もちろん試乗車もあります。

ボルボオーナーの方はテレビや雑誌、ドリンク、お菓子などが楽しめる

専用のOwners Lounge」でゆっくりお過ごしいただけます。

3.jpg

第1回の放送でお話してくださった五家大輝さん

「くるまマイスター検定」初代1級合格など、車に対する知識、情熱、愛情は誰にも負けません。

五家さんが本音で語る試乗レビュー 

YouTube「Go!Car CHANNEL」

https://www.youtube.com/channel/UCM-ITonJ8mbM0t-fF60vyUg)も

チェックしてみてください。

来週からいよいよボルボに乗っておススメのアクティブスポットに出かけます。

お楽しみに!

【ボルボ・カー 津】

〒514-0817 三重県津市高茶屋小森町2790-4

TEL  059-238-3335

FAX  059-238-3337

営業時間 10:00~19:00

定休日  毎週水曜日

HP    https://www.vc-tsu.com/news/