今日を頑張るあなたに送るインタビュー。

県内で活躍されている方々のお話をお届けします。

多気町の西井匠さんです。

西井さん.jpg

1973年1月、名古屋市生まれ。

香川大学農学部を卒業後、中京大学大学院体育学研究科を経て、

体育学博士号を取得。

自転車を感性工学の観点から研究されています。

2008年には北京オリンピック マウンテンバイクチーム監督を務められました。

西井さん、自転車を始めたのは大学生になってから。

さらには高校時代まで帰宅部だったそうです。

西井さん曰く・・・

大学に進学し、サイクリング部に所属しました。

サイクリングは旅なので、どちらかというと文化的。

体育系ではありませんでした。

たまたま出場したローカルレースで、

超初心者クラスで6位入賞。

「帰宅部だった俺でもなんとかなるんだ」

スイッチが入った瞬間です。

それからだんだんと自転車競技にのめり込んでいきました。

競技をやるようになって、

お世話になっていた自転車屋さんに、

偶然にも、アトランタオリンピックの代表の方が2人もいたんです。

その人たちと練習をさせていただくうちに、

練習するときはものすごく強いのに、

普段の生活をみているとすごくゆるい。

俺も、グダグダ加減では負けないぞ、

これなら俺もオリンピックに行けるんじゃないという

妙な勘違いを起こしました。

でもそれは、プロの方々が、

オンとオフを上手に使い分けていたということを知るのは、

ずいぶん後になってからです。

自分も頑張ってみようかなと思う環境にいさせてもらった

というのがきっかけです。

それから頑張るには頑張りました。

でも、これだけ練習を頑張っても、こんな成績か、と。

27歳ですっぱり選手はやめました。

ですが、オリンピックを仮に山に例えるなら、

登山道はいくつもあって1本じゃない

違う道でも登り切ったらそれはオリンピックだ、と考えました。

周りを見渡したら、

まだ科学的なバックグラウンドを持ってコーチングをされている方が

自転車界にはあまりいないように感じたので、

この道はまだチャンスがあるかも知れないと思って、

選手を辞めて、さっとそっちに切り替えました。

帰宅部だった人がオリンピックという夢を叶えたー。

夢というか、

しっかりとビジョンをもって目標にしたというほうが意味合いが強いかも。

その秘訣は、

諦めないこと。

こうじゃなきゃいけないとおもわないこと。

例えば、

選手としてオリンピックに行くという事が一番理想的な形ですが、

そうでなくてもオリンピックという山に登る道はいくつでもある。

いろんな可能性を自分の中で確認しながら、

それを一つ一つ試してみて、可能性があるところの道を登っていく

オリンピック選手たちに大学生の時に出会ってから、

自分がオリンピックに参加させていただくまで15,6年かかっている。

その間、寝食を忘れるほどに好きでい続けられた。

そういうものに早い段階で出会うことが出来たというのがラッキーでした。

好きなものに出会うには、

個人的に、いろんなことにチャレンジするということかな、と。

これはどうせ無理だろうとか、これはやっても無駄だろうと思わずに、

やっていないことはわからないので、まず1回やってみよう

それから判断すればいい。

いろんなものに挑戦して、いろんな引き出しが自分の中にできると、

私の場合、自転車で行き当った時に開ける引き出しが何個もあるので、

これが自転車しかやってこなかったら、おそらく僕はダメでした。

それまでにいろんなことをやっていたおかげで、

じゃあこれがダメなら、今度はこっちの引き出しを開けてみよう、

これでもダメならこっちはどうだみたいな形で、

それぞれいろんな課題が発生するたびに、

解決の糸口を違うところから見つけることができました。

感性工学の観点から、自転車の魅力を研究する西井さんは

「自転車は日常生活との親和性が高い」と言います。

移動手段でありながら、

アクティビティの要素もあり、五感を刺激される。

自転車に乗ると気持ちいいと感じるのは

視覚、聴覚に心地よい刺激を受けるからだそうです。

山上和美でした♪


READY!月曜担当・横井三千です。

今日も沢山のメッセージ&リクエストありがとうございました。

今日はあずきバーの日、ということでオンエア後には予告通りさっそく。

s-P_20190701_090536.jpg


持前の食いしん坊精神が顔を出しまして。

片づけもそこそこにかぶりつき!(おいおい

s-2019-07-01-09-07-29.jpg

ほほう!めっちゃゆず!

ゆずあずきバーは、ゆずの味のアイスキャンディー層が

あずきバーを包んでいて、外はシャクシャクといい歯ざわりのゆず。

中身は濃厚あずきのうま味。

またね、ゆずの香りがいいんです!

口に含んだ一口目の清涼感ったら・・・・!!!

これ、今日から家に常備します。

毎日、あずきバー・ミルク金時をお風呂上りに食べるのを楽しみに生きてましたが

一日おきにゆずにします(笑)

それくらい好き。

あぁ、あんこって年々好きになるの。

なんででしょう?

年とか云々はそっと伏せて下さいね。。。

また個人ブログやTwitter、Facebookでは

私の食いしん坊ライフを発信してますので

ご興味あればぜひ。

READY!月曜担当・食いしん坊横井三千でした。

三重映画フェスティバル実行委員会のご協力によりお送りしている

「三重映画さんぽ」

7月6日から三重県総合博物館で開催される

「近藤喜文展」について、

学芸員中村千恵さんにお話いただきました。

6月映画.jpg

近藤喜文というお名前は耳馴染みがないという方もみえるかもしれないのですが...

実はスタジオジブリのアニメーターなのです。

展覧会のサブタイトルに「この男がジブリを支えた」とあるように、

近藤さんは、高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられていた

日本屈指のアニメーターです。

「火垂るの墓」や「おもひでぽろぽろ」では

キャラクターデザインと作画監督を務め、

「紅の豚」では原画を担当。

そして「耳をすませば」では監督をされました。

ただ、近藤さんは47歳で亡くなられていますので、

「耳をすませば」は唯一の長編監督作品となります。

スタジオジブリの展覧会が三重県で開催されることは初めてです。

この展覧会はこれまで全国各地で巡回をしていたのですが、

作品保護のため、三重県での展覧会が最後になります。

開催期間は7月6日から9月16日です。

展示は『アニメーター近藤喜文の誕生』から始まります。

スタジオジブリ以前の仕事内容の紹介で、

皆様ご存知の「ルパン三世」「未来少年コナン」など、

初期に関わった作品を紹介します。

次に、「赤毛のアン」「名探偵ホームズ」など、

高畑勲や宮崎駿との出会いで新たな世界を切り拓いていた時期の作品紹介、

そして、大がかりな企画だけで成立しなかった日米合作映画「リトルニモ」の紹介。

3分ほどのパイロットフィルムが現存しており、会場内で上映されます。

そしてスタジオジブリでの作品の紹介です。

関連イベントとして、

7月27日は雫役の本名陽子さんのトークショーと 「耳をすませば」の上映会。

「耳をすませば」の主題歌は「カントリーロード」

主人公の月島雫役を本名陽子さんが声の出演をされ、

主題歌も歌われました。

また8月24日は

スタジオジブリの展示プロデューサーのトークショーもあります。

三重県総合博物館開館5周年ならではの展覧会です。

現在、前売り券を販売中です。

詳しくは三重県総合博物館MieMuのホームページをご覧ください。

山上和美でした♪