三重県発展のルーツを知ることが出来る場所?!

「度会町ふるさと歴史館」

IMG_6095.jpg

度会町中之郷の廃校になった旧・小川郷小学校にあります。

三重県は江戸時代、「伊勢商人」の活躍がめざましく、
その中で、松阪の商人が盛んになるきっかけとなったのが、
多気町丹生の水銀で作った伊勢白粉でした。

水銀の精製は室町時代から行われていたそうです。

実はそれよりさらに古い時代、縄文時代に、
水銀のもとになる朱(しゅ・あか)の文化があったそう。

その場所が、度会町なんです。

IMG_6096.jpg


「森添遺跡」

度会町上久具字森添。
宮川沿いです。


昭和61,2年頃、橋を架けるため発掘調査が行われ、
大量の土器や石器、住居跡が見つかりました。


大変深い遺跡で、生活跡が何層にも重なっていて、
大量の遺物が出ました。


                                               IMG_6101.jpg

石鏃(矢じり)、石の斧、土偶や勾玉、管玉などの装飾品など、
数え切れないほどの遺物が出土しています。

IMG_6098.jpg

高さ1mほどの巨大な甕(縄文土器)まで!

IMG_6100.jpg

その中、興味深いのが、
この地域ではつくられていない土器がたくさん見つかったということです。

例えば、東北や北陸、中部、愛知の三河などで作られていた土器や
熊本で取れた翡翠など。

これはつまり、縄文の時代、

この地が各地と盛んに交流を行っていた証

と言えるそうです。

IMG_6099.jpg

教えていただいた、
発掘調査に関わった三重県文化財保護指導員奥義次さんによると、


その理由は、の原料となる「辰砂(しんしゃ)」、赤い鉱石
たくさんあったからです。

辰砂は、割って砕いて、原料にし、
儀式祭礼やアクセサリーなどの装飾品に使われ、
この時代の人々の精神文化に、重要な役割を果たしました。

さらに、飛鳥・奈良時代になって仏教文化が入ってくると、
大仏のメッキに使われたり、
江戸時代になると、殺菌効果を活かす使われ方もしました。


だから、

「朱」を媒介にして、度会のこの地は、全国と交流していた

のだそうです。


狩猟や採集が盛んな時代にあって、特産品があった

ということはすごいことです。

IMG_6103.jpg

の原料となる「辰砂」は、日本地質学会によって、


三重県の石(鉱物)に指定されています。

こういったことを知ることができる場所が、度会町ふるさと歴史館です。

「朱」のこと、森添遺跡のこと、また昔の暮らしなどについて知ることができます。

「度会町ふるさと歴史館」

 開館日:第1、第2、第3、第4の木曜日と第2、第4の日曜日
開館時間:午前9時~午後4時まで。
 入館料:無料

電話番号:平日 0596‐62‐2422(度会町教育委員会事務局)
     土日 0596‐62‐1588(度会町中央公民館)

山上和美でした♪

今日を頑張るあなたに送るインタビュー。

県内で活躍されている方々のお話をお届けします。

今朝は津市にある株式会社辻工務店 代表取締役会長 辻正敏さん。

25歳で代表取締役社長に就任し、

44年を経て、一昨年、代表取締役会長に就任されました。

IMG_6117.jpg

国際ロータリー第2630地区 ガバナー

三重県建設業協会 理事

津商工会議所 副会頭など様々な要職を務めていらっしゃいます。

1951年11月津市出身。

東京の高校・大学を経て、23歳でお父様が経営する辻工務店に入社。

しかし、本音は三重に戻るつもりはなく、東京で就職も決め、

大学を卒業できなかったことにして、東京に留まろうとしましたが、

お父さんにばれ、怒られ、引き戻されました。

嫌々ながら就いた家業でしたが、2年後、お父様が急逝。

20代半ばで代表取締役社長に就任することに。

社員は皆さん年上、突然社長にされて...

会社に行くのが嫌でした。

でもある危機をきっかけに、自分の中でスイッチが入りました。

若くしての社長は苦労もありましたが、いろいろな人が助けてくれました。

辻さんは人が好き

人と会って話をしていると、自分自身パワーがもらえるそうです。

それは好きな人であっても、苦手な人であってもです。

自分が苦手だな~と思っている人と会って話ができると、

「あっ、僕、この人苦手じゃなくなった」というのは、

自分の苦手な気持ちを越えていけたということになり、

自分でエネルギーがもらえたと思うのです。

今、悲惨な事件がありますが、原因は一人だということ。

ひとりぼっちでいるから起きてくる現象だと思うので、

必ず不特定多数の人の中できちんと話が出来ていれば、

こういったことは起こらないと思っています。

だから自分からどんどん情報発信して、

相手からの発信も聞き

コミュニケーションの中で自分をパワーアップしていく。

今の人は、もっとしゃべることに注力していく方がいいと思います。

自分の中ですべて完結してしまうそうな世の中ですが、

やはりそれだけでは成り立ちません。

本物のその人の肉声、あるいはその人の体温、

そういったものを感じながら話をする、あるいは目で見る。

電話やメールなどいろんなことでやり取りしますが、

最終的に行きつくところは、行って、会って、話をして。

それが一番、関係が維持される秘訣だと思います。

◆辻さんのモットー◆

直接会って、話をする

新年も、いろいろな人と良き出会いを。

山上和美でした♪

今朝は九星気学風水に基づく

2020年の運勢についてお話を伺いました。

ShiningHope

伊藤 結悠子さん

http://shininghope.info/

2020年、良い年にしてください