11/7(木)~11/12(火)まで開催☆自然との対話-池田大作写真展

Pocket

今回の水曜日夕方リポートは

11月7日(木)から11月12日(火)まで
四日市市文化会館 展示棟2階 第一展示室で行われる
『自然との対話-池田大作写真展』 をご紹介しました☆

実は準備真っ最中のところ、会場の中からお届けしました!

お話を伺ったのは
創価学会 諸岡 恵子(もろおか けいこ)さん
とても澄んだ綺麗な声で聞き取りやすく、分かりやすくお話してくださいました(^^)

こちらの写真展は1982年に始まり、日本国内をはじめ、アメリカ、ロシア、キューバなど世界41か国で開催

作者である
創価学会・池田大作名誉会長は、これまで平和・文化・教育などをテーマとした活動や民間交流を世界各地で推進されてきました。

国内だけではなく世界各地での日々の活動の中や
移動中の車や飛行機の中、
行事の合間を縫って撮られた写真の数々。

心に映った四季折々の自然の風景が切り取られています。

また作品とともに、池田名誉会長の箴言(しんげん)が紹介されているんです。

テーマがそれぞれ設けられ4つのテーマに分かれています☆

その中から気になった3作品を紹介していただきました!(写真の撮影はNGでしたのであしからず…m(_ _)m)

①ポスターにも出ている滝の写真

1994年8月に、青森県・十和田市にある奥入瀬の渓流を訪れた際に撮られたものだそう。
→水しぶきを感じるほどの臨場感です!

②三重県で撮られた作品もあるんです!

秋の花々と透き通った青空を撮った写真は、1985年10月に、当時の白山町に滞在された際に撮られたもの。
「誰もが無限の可能性に満ちた かけがえのない存在である」との言葉が添えられています。
→コスモスが風に揺れる様子と空の青さとのコントラストが美しい!

③長く続く道と周りの緑がよく映える外国の風景

イギリス・ロンドンにあるウインザー城の南門から始まる「ロング・ウオーク」と呼ばれる長さ5キロもの道。
1991年6月、イギリスを訪問中の池田名誉会長が、要人との会見終了後、テムズ川のほとりを散策され、大空のかなたにまで伸びるような道を、心に焼き付けるように、シャッターを切られたそうです。
名誉会長はかつて「私は 道を開く人でありたい」と綴られていました。
ノーベル平和賞を受賞したアフリカの“環境の母”ワンガリ・マータイ博士は、この写真を見て
「“至上の幸福”へと続く道ですね」と満面に笑みを浮かべて語られたんだそう。

展示会では
合計 86点の写真が展示されています。

空や海、山などの雄大な自然風景
季節の草花や人々の暮らしを切り取った写真など
リポートでは紹介しきれない程のたくさんの作品がありました。

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

池田名誉会長が長年、「自然との対話」とのテーマで撮影した写真作品は、自然を慈しみ、平和を愛する心を呼び起こしてくれる、優れた作品とのこと。

ぜひ、実際に訪れてみてはいかがでしょうか♪

『自然との対話-池田大作写真展』

11月7日木曜から11月12日火曜まで
午前10時から午後8時
四日市市文化会館 展示棟2階 第一展示室で開催
入場は無料です☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です