6月25日 はぴはぴ子育て♪

2021年もう半分が終わりますよ・・・

やっぱり早いなぁ・・・

体調も心も整えて、後半に挑みましょう♪

3ヶ月に1度の登場♪

【子育ての輪】・・子どもの健康・医療 "皮膚のケア"

三重皮膚科専門医会 会長 亀山市の皮膚科野内クリニック

  院長 野内伸浩先生のご出演です!!

色んなモノを育てるのに忙しい野内先生。

メンフクロウのマロちゃん・リクガメ(25年もの)・クワガタ・・さらには、

数々の観葉植物たち。

その中から、今回はサボテンを見せてもらいました。

7年目の父の日に息子さんからもらったというサボテン🌵

IMG_1365.JPG a.JPG

このサボテンが・・・・

7年の月日を経てこうなるんです!!!!

IMG_1366.JPG b.JPG

※野内先生から写真をいただき掲載しました♪

当時小学生だった息子さんが、100円ショップでセレクトしたもの

先生曰く、売れ残りのショボショボだったらしいんです(笑)

親指くらいの大きさだったものが、こんなに大きくなりましたΣ(・ω・ノ)ノ!

ちゃんと愛情込めて育てたら、ちゃんと育つんですねw

無題.png 1.png

本題です!!

今回の話題は・・・水虫

そもそも水虫とは、虫がいるわけではなく

糸状菌という菌(カビ)がいるのを顕微鏡で確認します

歴史を紐解くと、坂本龍馬が水虫だったという話は有名ですよね

(ブーツを好んで履いていましたもんね)

さらには、平安時代に、足がかゆいなどという話もあるので

その時代から水虫はあったかもしれませんね

日本人の有病率は?

高齢者は2人に1人は水虫

若い女性は3人に1人

子どもの有病率は確認されていないが、数としては少ないとされています

つまり、いないわけではないんです

また、水虫の子どもの同居家族を検査すると70%の確率で水虫なんだそう

家族の誰かが発症していたら、全員検査をしてみんなで治療しましょう

症状は・・

30%の水虫はかゆくないんです

かゆいから、ジュクジュクしているから≠水虫なんですね。。。

普段の生活では、家の中でも靴下を履くことがおすすめ

床に落ちた水虫菌は、少なくとも3ヶ月 さらには6カ月は生きています(;゚Д゚)

また、同じお風呂に入ってうつるものではありません

洗濯物も一緒に洗って大丈夫です!!

足ふきマットやスリッパの共有をしないように。

プールや温泉施設では脱衣所や更衣室は注意。

帰宅してから、消毒しよう!洗おう!!ではなく、

その場で絞ったタオルで拭く→乾かす→靴下を履く

これで十分落とせる・守れるんだそうです。

皮膚科に行くの恥ずかしいな・・なんて思いがちですが

恥ずかしい病気ではありません

しっかり検査して治療しましょうね☆

【今日の絵本の世界】

『アリィはおとどけやさん』   出版社:ひさかたチャイルド

作;大久保 雨咲  絵;吉田 尚令