weekend cafe 4月21日

豪商のまち 松阪。松坂城を築いた蒲生氏郷は、城を造ると同時に
城下町の整備をしました。
それは、商いを盛んにするための町づくり。
松阪駅からお城までのんびり歩いていけば、豪商と言われた商人の館が並び
その時代の暮らしぶりを垣間見ることもできます。
今日は、松阪市立歴史民俗資料館 学芸員の杉山亜沙佳さんがお客様。
小津家のお話しをしていただきます。

松阪市本町で「松阪商人の館」として一般公開されている建物は
小津家の旧宅です。松阪の商人たちはもめんを江戸で売るために江戸に何軒も
店を出すようになりました。なかでも日本橋大伝馬町に多く集まり、一丁目は
松阪商人の店ばかりでした。
松阪商人は近江商人とともに江戸で大活躍をしました。
小津家は1653年に紙の店「小津屋」その後、隣接する土地に木綿の店「伊勢屋」
そして江戸本町にも、もうひとつ紙の店「大橋屋」を開き、江戸で一番の紙問屋になりました。
しかし、生活は質素で倹約でした。
それがわかる資料もたくさん残されています。

商家の主人たちは、江戸との行き来も多く、趣味や教養を高めるため、江戸の
文化人と言われる人たちとの交流を大切にしてきました。
松阪の本宅で歌会や句会、茶会を開いたそうです。
御城番屋敷、そして旧家。
城跡から望む松阪の町の華やかな時代が見えてくるようです。

松阪市立歴史民俗資料館
学芸員の杉山亜沙佳さんです。

s-DSC_1173.jpgs-DSC_1174.jpg

weekend cafe 4月14日

春、熊野市紀和町丸山地区。丸山千枚田の棚田では畔作りが始まっています。
斜面に幾重にも描かれた棚田、日本の棚田100選にも選ばれ、その原風景は
懐かしい気持ちにさせてくれます。
今日は、丸山千枚田の保全に取り組む、熊野市ふるさと振興公社の長野秀信さんと和平憲一さんがお客様です。

「自分達の代でこの貴重な文化遺産を無くすわけにはいかない。この景観と
農耕文化を後世に残し伝えていかなければならない」
平成5年に丸山千枚田保存会が結成し、千枚田の復元と保全活動が始まりました。25年経った今も、その活動は大切に受け継がれています。

1枚あたりの平均面積はおよそ10坪。小さな田んぼばかりです。
そのほとんどが昔ながらの手作業で守られています。
「人と棚田」自然に優しく共存共栄してきたふるさとの景色は、
今も熊野の山に存在しています。

熊野市ふるさと振興公社
http://www.kumano-furusato.com/

s-DSC_1166.jpgs-DSC_1165.jpg

weekend cafe 4月7日

おはようございます。ウィークエンドカフェへようこそ。
カフェはお引越しをしました。
草や花の香り、風の香り
カフェにも春が訪れました。
今日から毎週土曜日のこの時間、素敵なお客様をお迎えしてお話しを楽しみます。さあ、どんなお客様がいらっしゃるのでしょうか?
新しい季節、ウィークエンドカフェのオープンです。



今日は、古布(こふ)と言われる100年以上も前の布をリメイクして
洋服や小物をつくる中森美映子さんがお客様です。
古布だけでなく古い道具や家具も好き。
いつつくられたのか、どのような工程なのか。
どれもが中森さんの宝物です。
大漁旗を柿渋で染めて、アンティークカラーになったバッグ。
何十枚もの麻布を重ねて作ったコート。
色あせたべに花染めの布をつなげ仕立てたブラウス。
中森さんが古布を使って作った作品は素敵なものばかり。

中森さんは布に新しい息吹を入れていきます。
大切なことはこの布に詰まっているのかもしれません。
ふと手を休め、耳を澄ましてみると四季折々の暮らしの音が聞こえてきます。

中森美映子さんです。
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/matikado/da/detail?kan_id=1091814

s-DSC_1158.jpgs-DSC_1159.jpgs-DSC_1160.jpg