weekend cafe 2月16日

今日は大台町にある奥伊勢フォレストピアの支配人、坂東千晴さんがお客様です。森の中にあるホテルは、清々しい空気に包まれ、川のせせらぎが聞こえてきます。
坂東さんが、支配人になったのは今から2年前のことです。
スタッフの皆さんに助けてもらいながら、ゆっくりと丁寧に歩み続ける
坂東さんです。

冬のフォレストピアもとても素敵です。
今年は、グランピングで利用される人たちが増えているようです。
またレストランでは、ただいまバイキングも開催中です。

40人のスタッフとともに、坂東さんの3年目が始まります。
心安らぐ空間を、地域のみなさんも楽しめるホテルを・・・
三角屋根が目印の森の中のホテルは今日も優しさに包まれています。

奥伊勢フォレストピア
https://okuiseforestpia.com/

s-DSC_1790.jpg

weekend cafe 2月9日

今日は伊勢市にある畑井工房の畑井和也さんがお客様です。
畑井さんは、伝統工芸品の1つ、伊勢玩具を作る職人さんです。
工房は内宮の近くにあり、畑井さんは三代目。
昔から愛されてきた伊勢玩具を丁寧に作っています。
けん玉やヨーヨー、ダルマ落としなどのくりものは鮮やかな色が目を引きます。
この美しさも伊勢玩具の特徴の1つです。
工房の仕事を継いで36年。
先代、先々代の仕事のやり方をずっと見てきました。

いつの時代も、その時代に合わせて色んなことを考えチャレンジをしてきた。
それを引き継ぎ、今、自分の時代にできる精一杯のことに取り組んでいる。
毎日、こつこつと大きな変化はないけれど、振り返ると少しづつ動いている。

伊勢玩具の畑井工房、畑井和也さんです。
畑井工房
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/matikado/da/detail?kan_id=835486

s-DSC_1788.jpgs-DSC_1784.jpgs-DSC_1786.jpg

weekend cafe 2月2日

今日は桑名市多度町にある多度大社の権禰宜、杉原将一さんがお客様です。
今年のお正月もたくさんの人がお参りに訪れました。
また、近隣の町からは季節ごとの行事に合わせ人々が集います。

2月3日は節分、多度大社では、節分大厄除祭が行われます。
特設舞台からは、福豆が撒かれにぎやかな一日となります。

国道から見える白い鳥居をくぐると、背筋が伸びて神聖な気持ちになります。
古くから多度の人達は、この多度山に日々の暮らしの平穏や家族の幸せを願ってきたそうです。そしてこの大社へお参りに訪れてきました。

毎年5月に行われる多度祭は10数万人が訪れます。
上げ馬神事、流鏑馬神事と地域の皆さんとともに歩んできた祭りです。
白馬伝説を大切にしてきた多度の人々の心が伝わってきます。

かつて多度山の小高い丘の上には、遠くに広がる町並みを見ながら、人々の
喜怒哀楽を静かに見守ってきた白馬の姿がとらえられたと聞きます。
天を翔ける馬は、今日も多度の山に出会いと喜び、幸せを降り注いでくれます。

多度大社の権禰宜 杉原将一様です。
http://www.tadotaisya.or.jp/

DSC_1777.jpgDSC_1779.jpg