熊野市飛鳥町小又。緑豊かなこの場所に今年も田んぼアートがお目見えしました。
蝶々が大きく羽を広げ、来る人達を楽しませてくれます。
今日のお客様は、飛鳥地区地域まちづくり協議会アート担当、小畑貞文さんです。
この田んぼアートを作り始めた人です。

田んぼアートのデザインは、今はインターネットで募集して決めています。
個性あふれるデザイン画が集まり、毎年、様々な作品に挑戦してきました。
今年は準備作業をするのに人を集めることができない状況となり、以前のデザインを描いています。

町のため。地域のため。そして自分自身のため。
田んぼアートを始めて、たくさんの出会いがありました。
御年82歳。これからもこの場所を守り続けていきます。

田んぼアートとめだかの池(小又ビオトープ)
熊野市飛鳥町小又

s-DSC_0473.jpgs-DSC_0472.jpgs-DSC_0470.jpgs-DSC_0474.jpg

今日は、フォトグラファーの古市真崇さんがお客様です。
今年、今までの仕事を辞め、カメラマンの道を歩み始めました。
大学時代、写真の世界を知り、楽しさがどんどん増していきました。

古市さんの以前の職業はお蕎麦屋さん。
伊勢で33年続いた人気の蕎麦屋の閉店は、町のみなさんから残念がる声を
たくさん聞きました。
でも新しいことに挑戦したかった。

徐々に写真や映像の仕事が入ってくるようになりました。
依頼されるお客様の気持ちに寄り添い、作品を作っていきます。

伊勢市 古市真崇さんです。

s-DSC_0453.jpg

s-DJI_0029.jpgs-C0B6D786-5403-4A85-A2A4-3AFA276FFBE5.jpg

藤錦庭園魚店

今日のお客様は、四日市にある藤錦庭園魚店の後藤耀太さん。
住宅街の中にあるお店で金魚とメダカを販売しています。
今、扱っている金魚の種類は20種類ほど。
金魚の産地である弥冨をはじめ全国各地からめずらしい金魚を仕入れています。

大切にそだてていても、病気にかかってしまうことがあります。
毎日、しっかりとみていると、いつも様子が違うなということにも
早く気づくことができます。
また昔から金魚を育てている人たちにいろんなことを教わりながら
新しい形で金魚のことを発信しています。

藤錦庭園魚店
https://fujiteien.com/

s-DSC_0449.jpgs-DSC_0450.jpgs-DSC_0451.jpgs-DSC_0452.jpg