weekend cafe 7月4日

四日市市水沢町。
一面に広がる茶畑。
その上では太陽に反射したお茶用の扇風機がキラキラと光っています。
この景色、好きなんですよとおっしゃるのは今日のお客様。
マルシゲ清水製茶、かぶせ茶カフェの清水加奈さんです。

気軽にかぶせ茶を飲んでもらいたい。
築70年以上の古民家でカフェを始めたのが2010年11月。
今年で10年目になります。
加奈さんが大切にしていることはお客様との距離。
何でも言ってもらえるし、何でも応えているそうです。
その関係がちょっと嬉しい。

これからも日本の家族団らんの風景を守っていってくださいね。

マルシゲ清水製茶
https://marushige-cha.jp/

DSC_0406.JPG

weekend cafe 6月27日

給食メニューから生まれた津市のご当地グルメ、津ぎょうざ。
今日のお客様は、津ぎょうざ協会副会長、津ぎょうざ小学校では、図工部副部長の山﨑倫敬さんです。
愛すべき津ぎょうざのお話しを伺います。

津ぎょうざ小学校は、まちおこし・まちづくりをコンセプトにして活動しています。
仲間と一緒に津のことを考える。山﨑さんにとってかけがえのない時間。

山﨑さんがもう1つ大切にしている活動があります。
津市美杉町太郎生を元気な村にしようとする「太郎生道里夢(どりーむ)」
です。
アサギマダラの訪れる里を目指してフジバカマの農園などの手入れを行っています。

山﨑倫敬さんです。

津ぎょうざ協会

津ぎょうざ小学校

s-DSC_0404.jpgs-DSC_0405.jpg

weekend cafe 6月20日

斎宮跡に花しょうぶが咲く頃、明和の町はより華やかな季節を迎えます。
今日は、一般社団法人明和観光商社の杉山大介さんがお客様です。
観光と健康をテーマに事業を推進する組織、それが明和観光商社。
詳しくお話しを伺いましょう。
去年の4月にスタートして、明和町の人達とともに12の事業が進められています。そのなかの1つがヘルスツーリズムです。
他にも特産品の開発、インターネットでの販売。
生産者さんたちが気づいていない部分の魅力を引きだしていくことも
明和観光商社がやるべきこと。
いいものがたくさんあるんです。

これからどんな明和の魅力を届けてくれるのか楽しみですね

一般社団法人 明和観光商社
https://dmo.hana-meiwa.jp/

DSC_0402.JPG