weekend cafe 9月29日

今日は、一般社団法人社会をデザインするネットワーク、イガデハク実行委員会 代表理事の下猶茂樹さんがお客様です。
普段は、会社員として働いていて、仕事が終わった後や、休日の時間を使って活動をしています。
多くの人の協力を得てイガデハクを開催しています。
下猶さんの考えているコンセプトをわかってくれる作家さんたちが集まって今のイガデハクが行われています。
趣旨を変えることなく、ブレすにずっとやり続ける事が大切なことです。

下猶さんが心がけていることの1つが、イガデハクの会場に足を踏み入れた瞬間、「はっ」と驚いてもらえる空間づくりです。
出店される作家さんたちと一緒に作り上げています。

「伊賀でつながる、伊賀からつながる」を合言葉に、イガデハクは
人との交流を大切にずっと続いていきます。

イガデハク実行委員会の下猶茂樹さんです。
http://www.de-haku.net/

s-DSC_1516.jpg

weekend cafe 9月22日

今日は、いなべ市藤原町古田にある有限会社藤原ファームの代表 近藤正治さんがお客様です。
古田地区は、三重県の最北端、岐阜県と滋賀県の県境にあります。
標高は220m。
藤原ファームでは、この古田地区の95%の田んぼを預かり、おいしいお米を作っています。
近藤さんが集落営農を始めたのは、今から22年前。
土地改良が行われ、きれいな田んぼが増えたのに作り手はどんどん減っていきました。7ヘクタールの田んぼを預かってのスタートでした。

丹精込めて作ったお米をさらにたくさんの人に食べてもらいたい。
そんな思いから草餅を作りました。
古田の自然を守るため、たくさんの人たちとともに汗を流しています。

いなべ市の有限会社藤原ファーム 代表取締役の近藤正治さんです。
http://fujiwarafarm.jp/

s-DSC_1510.jpg

weekend cafe 9月15日

今日のお客様は、伊勢志摩国立公園自然ふれあい推進協議会の事務局長
伊藤芳正さんです。
いつも横山ビジターセンターで、訪れる人たちに伊勢志摩国立公園の魅力を
伝えています。自然と人との橋渡し役です。

山の緑と海の青。
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに1つ星の評価を受けた景色は
美しいリアス式海岸に真珠いかだが並びます。

戦後初の国立公園として誕生した伊勢志摩国立公園。その背景には、リアス式海岸と真珠養殖が盛んな英虞湾の環境を守っていこうとした人々の夢がありました。人々の生活と自然との共生。
それはずっと続いていきます

伊藤芳正さん
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター

s-DSC_1499.jpgs-DSC_1500.jpgs-DSC_1501.jpg