weekend cafe 11月24日

今日のお客様は、映画看板職人の紀平昌伸さん。
津市にある工房には紀平さんが今まで描いてきた作品がたくさん保管されています。時代を映しだす映画看板は、それぞれ迫力があり、とても華やか。
広告美術の職人として現代の名工にも選ばれている紀平さんにお話を伺います

親方から教わった技術を吸収し、23歳で独立、キヒラ工房を立ち上げました。
ポスターやチラシ、写真をじっくりと見ながらレイアウトを考え、目立つ看板作りに取り組みました。
紀平さんは、洋画を中心に看板を作ってきました。
その数は4000枚近く。
たくさんの映画スター達が紀平さんの手によって描かれています。

今まで描いた作品を貸し出すと、作品を見た人達から色々な声を聴くことができます。
懐かしい気持ちになる人、新鮮な気持ちになる人、どの世代の人達も
喜んでいただける作品を届けています。

キヒラ工房
http://kihira-kobo.com/

s-DSC_1614.jpgs-DSC_1615.jpgs-DSC_1616.jpg

weekend cafe 11月17日

今日は、志摩市志摩町からのお客様、
三重外湾漁業協同組合 和具青壮年部部長中村龍司さんです。
10月から解禁になった伊勢えび漁は、今が最盛期、
漁師仲間とともに網を引きます。

和具青壮年部の活動の1つに伊勢えび刺し網オーナーのイベントがあります。
4人の漁師さんのプロフィールを見て、どの漁師さんのオーナー網元になるかを
決めます。毎年、このイベントを楽しみにしている人がたくさんいます。

また、東の空が明るくなる頃、和具漁港は水揚げの準備で活気づきます。
網にかかった伊勢えびは、姿、形が美しい。
和具の自慢の伊勢えびです。

和具の漁師の心意気。
大漁旗が風になびき、志摩の沖へ今日も船は進みます。

三重外湾漁業協同組合 和具青壮年部部長 中村龍司さんです。
http://www.suncraft.com/wagu/mie-bland.html

s-DSC_1599.jpgs-DSC_1601.jpgs-DSC_1600.jpg

weekend cafe 11月10日

津市美杉町太郎生。
地区の中央を流れる川は名張川。
言葉や文化も津というよりは名張かな。
そうおっしゃるのは、今日のお客様、美杉町太郎生にある酒屋さん、
丸八の奥村久子さんです。太郎生は、美しい山に囲まれた素敵な場所です
奥村さんの周りには、色々な趣味や特技を持った人がたくさんいました。
それをまちづくりに生かそうとボランティアのグループができました。
ひとりでは大変なこともみんなでやれば、楽しい。活動が始まりました。
奥村さんは困っている人がいると放っておけない。
太郎生を訪れて奥村さんに助けてもらったいろんな人がいます。
駅まで送ってもらった人、おにぎりを食べさせてもらった人。。。
今日も元気に丸八のお母さんは、おせっかいをしていますよ

丸八
http://www.ztv.ne.jp/maruhati/

s-DSC_1594.jpgs-DSC_1592.jpg