日本薬膳学会

今日は鈴鹿医療科学大学の高木久代さんがお客さまです。
医学英語の先生であり薬膳料理の研究家、日本薬膳学会の代表理事も務めています。
先生と薬膳との出会いは中国天津。
様々なことを天津の先生から学び、鈴鹿医療科学大学の教授たちと
薬膳の研究、追求を行ってきました。
薬に頼らず、普段の食事で体調を改善するには。。
そのヒントは台所にあるようです。

日本薬膳学会のモットーは
いつまでもおいしく食べられる未病を癒す旅です。

食べることは生きること。
1日3食、その時間が豊かな時間になるよう髙木先生は活動を広げていきます。

鈴鹿市 鈴鹿医療科学大学 高木久代さん
日本薬膳学会

DSC_0655.JPGDSC_0636.JPG

辻傳煙火店

明治時代から伊勢志摩の夏の夜空を彩ってきた辻傳煙火店。
創業は今年で141年になります。
今日は6代目の辻篤さんとあゆみさんがお客様です。
辻傳のオリジナル花火は、辻さんのお子さんたちの名前が付けられています。
毎年バージョンアップしています。
また、コロナ禍は大変厳しい状況でしたが多くの出会いもありました。
花火屋は裏方。いい花火だったよの声を聴くことが嬉しい。

伊勢市 辻傳煙火店 辻篤さん あゆみさん

DSC_0635.JPGeba854_bd420065d3f94215beeb59e8703123b8^Fmv2.jpgeba854_59a1bfd5ac8140aba23dd620690bae39^Fmv2.jpgeba854_5f902b1416f244e8aaf97218898cdac6^Fmv2.png

辻花火店

北岡とっくり館

多気町波多瀬。緑が美しい山道を上っていくと、北岡とっくり館が見えてきます。
目印は家の前に並んだたくさんの徳利。
今日は、北岡敬一さんがお客様。30年に渡って集めてきた徳利のお話です。
酒屋さんが貸し出していた通いとっくりには屋号や地名、名前が書かれています。
他にも首の部分が細長い形の鶴首徳利。
鶴の細長い首に例えられた呼び名です。
北岡とっくり館には様々な徳利が並んでいます。
地名が描かれた徳利は250本並んでいます。
自分が住んでいる地名が描かれた徳利を見つけてみるのもおもしろいですよ

多気町 北岡とっくり館
館長 北岡敬一さん

DSC_0607.JPGDSC_0604.JPGDSC_0606_1.JPGDSC_0606.JPGDSC_0605.JPGDSC_0602.JPGDSC_0603.JPG