アスリードプラス

今日のお客様は、鳥羽市のアスリードプラス代表の谷水洋介さんです。
障がいをもつ皆さんの支援とともに、地域と共存していく仕掛けを作っています。

障がい福祉サービス事業所、五っぽ(いっぽ)の建物はとてもおしゃれです。
バス停や駅も近くにあり、たくさんの人に見てもらえる場所になっています。

様々な職業があるなかで、谷水さんにとって大切と感じた福祉の仕事。
一緒に歩んでいけるように、少しでも支えられるように。
そんな思いが溢れています。

アスリードプラス

s-DSC_1285.jpgs-DSC_1284.jpgs-DSC_1283.jpg

肖像画工房

今日のお客様は、亀山市関宿にある肖像画工房のさんです。
関宿の町並みに憧れ、肖像画のことをもっと広めたいと思い、
1年前にお店をオープンしました。
肖像画の仕事は、ウェブショップからスタートしています。

細やかな部分まで丁寧に描かれる肖像画。
作品を見るとその圧倒的な存在に心が動かされます。

和田さんのもとには、肖像画をオーダーされたお客様から喜びの声がたくさん届いています。
そのメッセージが、さらにより良い作品を作る力になります。

肖像画工房

s-DSC_1276.jpgs-DSC_1277.jpgs-DSC_1273.jpgs-DSC_1279.jpg

おにぎりの桃太郎

今日のお客様は、おにぎりの桃太郎、営業部の高木慎也(たかぎしんや)さん。
お店は四日市を中心におにぎりの専門店として多くの人に親しまれています

ご飯を炊くのも、おにぎりを作るのもキャリアの長い人たちが、若い人たちに
上手にできるコツを教えています。
いつ食べてもほっとできる味を作っています。

桃太郎と言えば、本店の建物の上にある大きな看板。
桃が開くのを楽しみにしている人がたくさんいます。
地域のみなさんに喜んでもらうことが会社の喜び。
雨の日キャンセルもそのひとつです。

おいしいおにぎりを届けるため素材には強いこだわりがあります。
変わらない部分と進化しているところ、それを上手く調和しています。

おにぎりの桃太郎

s-DSC_1266.jpgs-DSC_1262.jpgs-DSC_1264.jpg