今週も、番組をお聴きいただき

ありがとうございました。

さて、今週は、 Hika-Ayu ママ さん からの

ご相談でした・・・

******************************

6歳の娘と3歳になる娘が二人で遊んでいるとき、

すぐ喧嘩になってしまって困っています。

長女は自分の言うことに従って遊んでほしいみたいで、

言うことを聞かない次女にイラっとして喧嘩になってしまいます。

長女には「○○(次女)ちゃんのやりたいことも聞いてあげてね」と

いつも言っているのですが、なかなかそうできないんです。

親が言葉で伝えて、そうしなきゃと気持ちをコントロールできるようになるのは

いつ頃なんでしょうか。また、ふだんどのような声掛けをすればいいでしょうか。

アドバイスいただけますと幸いです。

******************************

安藤先生からのアドバイスです♪

******************************

まず。。。

長女の娘さんが、妹である 次女の娘さんに言うこと聞かないから

イラッとして喧嘩になってしまうというのは、理由があるんですね。


喧嘩になってしまうとかっていう表面的なところであるとか、
そしてまた 親も「ちゃんと妹のやりたいことも聞いてあげて」 って言って
そのようにやらないとか、その表面的なものに隠れた理由があるんですね。


つまり、ひょっとすると、妹に言うことを聞かせようとしているお姉ちゃんは、
「普段自分は結構 我慢をしていて、言うことを聞かされてきて、
もうこれ以上は言うこと聞きたくない。自分は言うこと聞かされてるばっかりだ」
っていう風にもし思ってるとすると、
妹さんに、私の言うことをせめてあなたは聞きなさい! と喧嘩になっていく。

でもさらに、お母さんには、「妹のやりたいことも聞いてあげて」と
また 言われてしまう 。そうすると、また お母さんの言う通りにしなきゃいけない。

「もう何で私ばっかりが我慢して、何で私ばっかりが言うことを聞かされる
立場になるのか。もういやだ」 ってなるとですね、
妹の方はそれに比べて なんか自由にしてる気がする、だから私は
妹の時はせめて私の言うことを聞かせたい。
けど、それも 叱られる。そして私が言うこと聞けと、親に言われてしまう・・・

そう思ってるとすると 、それを解きほぐさないとだめですね。

ときほぐしもせずに、「どうして 言うこと聞かないの。妹のことも考えなさい。
もうあなたは一体いつになったら言うこと聞くようになるの」って言っても

なかなか解決しないですね。
そういったことも一つ まず最初に考えられるということを申し上げたいと思います。

ただ ただ 言うことを聞かせていくのではなくて、
解きほぐしていくことが大事です。


その方法ですが...

まずは、お母さんと、この 6歳のお姉ちゃんが、2人でゆっくり話をすることです。
このお姉ちゃんの方から話をゆっくりと聞くってことです。

決して否定をしたりとか、「あなたがそう言っても こうなのよ 」って
言って聞かせる ではなくて、まずはしっかりと ひたすら聞くってことですね。

お姉ちゃんに
「ひょっとして ずっと言うこと聞かされてるっていう風に思ってる?」とか
「我慢してることとかある?」とか「好きなことがやれてる?」
そういうようなところですね。
お母さんの前だから、我慢してても我慢してないって言わなきゃだめだとか、
そういうんじゃなくて、本当の気持ちが言えるような雰囲気で
ゆっくりと話を聞くということですね。

その上で、お姉ちゃんが「私ばっかり言うこと聞かされてる」「妹には甘い
私には厳しい」とか「なんか私は好きなことがやれてない」とか
いろいろ言ったとします。そうするとお母さんは、
「あなたにの好きなこともやらせてあげたいし、こういうところはその通りだね。
ただこうすると困るから、この時は こうすれば こうできるからね」とか
しっかりとわかる話をしてあげることが大事です。

娘さんが、「なんかよくわからないけどママが怖いからひたすら我慢」とか
そうなるんじゃなくて、しっかりと納得ができるようなお話し合いをして、

その上でお母さんは、

「妹にもダメなものはだめとママは言うし、お姉ちゃんばっかりじゃなくて
妹の方にも同じように接していくつもり。ただ2人が遊ぶ時は、
少し年が上なのは上なので、小さい彼女に対して、こういった時は
ちょっと聞いてやってほしい」と言ってあげましょう。
また、「お姉ちゃんが頑張ってるのは、ママも見てる。
だからお姉ちゃんには感謝してる」とか色々 率直に話をしあうことです。

そういったところで分かり合う 努力をしましょう。

******************************

安藤先生へのご相談は

メールフォームから お気軽にお寄せくださいね!

安藤先生の講演

​即興子育て相談スタイル ​好評受付中です!

様々な場所で、教育講演会を行っている安藤先生。

来場者みなさんからの相談に、安藤先生がその場で回答するという、

来場者参加型「即興子育て相談スタイル」の講演会が

好評、人気です!

学校、PTA、教育機関など、

ご依頼いただければご相談の上、安藤先生が講演に伺います。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら!!

https://www.andodaisaku.net/

今週も、番組をお聴きいただき

ありがとうございました。

さて、今週は、N・O さん からの

ご相談でした・・・

******************************

小学校2年生の息子はゲームが好きで、とくに戦闘ものが好きですが、

人を刀で刺して血を流してる絵を描いたりするので心配しています。

「お母さん心配やから、そんな絵をかかんといて」

「ゲームやめなさい」と注意しました。

先生にも、授業中もボーッとしてることがあると言われました。

主人は、好奇心だけかもしれないからしばらく様子を見ようと言っていますが、

気がきでなりません。どうしたらいいでしょう。

******************************

安藤先生からのアドバイスです♪

******************************

一言で言うと、ゲーム を遠ざける って事です。

戦闘ものにしても何しても、ゲームは夢中になるように しっかり

研究されてできてるっていう風に考えてもらったらいいんじゃないでしょうか。



夢中にさせて虜にさせて、そして 大好きにさせて、

そこから離れられないようにさせていく。。。やっぱりゲームっていうのは

研究されて作られてるもんだと思いますので、

それを自由にさせていて たくさんさせていたら、それは、小学校2年生の

まだ 判断ができない子供は、夢中になって虜になって、

そうすると ぼーっとすると思います。

そしてそういう絵も 書き始めると思います。



したがって、この子はそういう子なんだとかそういうこと言う前に、

その環境を まず 遠ざけるということですよね。

そして遠ざけると同時に、それとはまた違う環境をセッティングしていく

ということです。つまりゲームではないという環境です。

何か一つにしか興味がないんじゃなくて、

そこに依存しなくてもいいような、 違う環境をセッティングするってことです。


子供っていうのは本来はいろんなものに興味関心を持つものだと思いますから

いろんな環境を セッティングすれば、またそちらにも興味関心が移ったりすると

思います。

だから まずは、ゲームから遠ざけることです。



昨今、時代の教育のよく言われることは、「好きなことをさせましょう」とか

「個性だから」とか。だけどそれが拡大解釈されると、

好きなことを好きなだけ好きな時にやりましょうみたいな、

子供がそこに夢中になってるんだから自由にさせよう、といいますが...


まあ でも やはり 社会に出てからのことや色々考えると、

根っこを育てるって事は重要です。

それこそ根っこを 育てるっていうのは、基本的なルールを守るって事です。

基本的なルールを守った上で個性を発揮して、初めて 人とのつながりが生まれます。

その基本的なルール、人とのつながりを覚えるのは、やっぱり家庭だと思います。


小学校2年生っていうのは、家庭の中でのルールをしっかり守っていく

習慣をつけるのに一番いい頃合い、年頃です。

つまりは

夜は何時までに寝る、ご飯は何時頃に一緒に食べる、

お風呂の時間は何時で、ゲームは時間が来たらやめる、

靴は脱いだら 揃えるとかです。

そして、今日の出来事であったりとか、ゲームとかと全然違うような会話で

いろんなお話をするといいですね。

お子さんにはいろんなボタンがありますから、

いろんなボタンを押してあげることです。

とにかくゲームだけさせとけばいいみたいに、1つのとこに押し込めると

それはどんどん 依存していくでしょう。

そうではなくて、ルールを決めていろんなコミュニケーションをとって、

そしていろんな関心に目が向くようないろんなボタンを押しながら

会話をたくさんしてあげましょう。


人を傷つけるようなゲームをしていてご心配もあるかと思います。

大人になってからそういう人を傷つけるのが平気になる、

そんな風になってしまうじゃないかと。

もとても分かります。しかし、男の子ってこういうボタンがあるんです。

色んなボタンがあるわけですから、それをうまく

前向きなエネルギーに使って行ったりしながら成長していくのです。

******************************

安藤先生へのご相談は

メールフォームから お気軽にお寄せくださいね!

安藤先生の講演

​即興子育て相談スタイル ​好評受付中です!

様々な場所で、教育講演会を行っている安藤先生。

来場者みなさんからの相談に、安藤先生がその場で回答するという、

来場者参加型「即興子育て相談スタイル」の講演会が

好評、人気です!

学校、PTA、教育機関など、

ご依頼いただければご相談の上、安藤先生が講演に伺います。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら!!

https://www.andodaisaku.net/

今週も、番組をお聴きいただき

ありがとうございました。

さて、今週は、ゆのあママ さん からの

ご相談でした・・・

******************************

中学1年の娘がいます。娘との相性が合わないと思うときがあります。

娘は片付けができず、物をしまわない、出したら出しっぱなしで

身の回りの整理整頓ができません。私は散らかっているのが苦手で

どうしても口を出してしまっています。

もう中学生なのに大丈夫かなと心配になり、私も一つ一つ注意してきましたが、

直らず注意をするのが疲れてきました。

今思春期もあり、親の言うことは聞き流されている感じもあります。

こういう場合はどう接していけばいいでしょうか?

安藤先生いいアドバイスがあればよろしくお願いします。

******************************

安藤先生からのアドバイスです♪

******************************

片付けのことからは離れたような話になりますけれども・・・


例えば スマートフォンとか、デジタル機器、こういったものの制限を

使用に制限をかける。例えば「何時までは使うけど 今何時まで使わない」とか

「寝室には 持ち込まない」とか「朝は何時までに起きる。夜は何時に寝る」

「ご飯は一緒に食べる」とか・・・

そういうような日常のルールっていうところから一つ一つ

しっかりと作ってくと。そしてその次に、「整理整頓」 っていうところに

入って行ったらいいんじゃないかなと最初 思いましたね。


いろんな親子関係あると思うんですけれども、

「どうせ 親がやってくれるからいい」「自由にやっていても

どうせどうってことない、構わないさ」とか

思春期の子供とか親子関係の中で、子供っていろいろ思ったりしますよね。

でも、やはり一緒に暮らしてるわけだから、厳しくも、一方で

暖かい コミュニケーションは取っていく、いろんな会話を増やしていく、

「厳しくも暖かい」 っていう関係ですね。

今、世の中の親子関係って、この「厳しさ」 っていうのが

少し 薄れていて、子供の自由とか、子供のやりたいように、とか、

それは聞こえはいいし 一方では それも全てが悪いわけじゃなくて

いい部分もあるんですけど、

だけどその反対側の厳しさ、 例えば家庭の中のルール。

こういうルールっていうのをしっかり作って守らせていく っていうところを

やっていくことが、片付けとかいろんなところにも繋がっていくと思います。


従って片付けのことだけ言うよりも、 その他のことも、

厳しくも暖かい っていう関係づくり 家庭作り、

そういったところも含めて トータルでやっていく

それが一つの大きな解決の一歩だと、 そういう見方はできると思います。



散らかってるから親が 我慢。そこで片付けてあげるとか

もちろん 言うまでもなく そういうことをしていても、

ずっと それが続く だけなので、

それはあまりいいことではないですね。

きっと分かりだと思うんですけれども。


でも口を出していて、注意をしていても、なかなか治らないです。

上司と部下の関係みたいですが、、、

上司が言っても部下は 「はいはい」 って言って 全然言うこと聞かない。

どちらが上司でどちらか 部下かよくわからないような逆転現象じゃないですけど。

しかし、しっかり 親がお子さんの責任を持って

「生活、ご飯のこと洗濯のこと、そしてあなたの命、そういう 毎日を守るという

責任を負ってます。なので1回 ルールを決めましょう。

このお互い決めたルールは守りましょう。私は あなたの生活を守っていく。

あなたはこの家庭の中でのルールを守っていく。これがお互いフェアだよね。」

・・・・そういう話し合いをゆっくりとしていく っていうのが

本来の形じゃないかなと思いますね 。

そこに挑戦してもらうのはいいかなと思います。

******************************

安藤先生へのご相談は

メールフォームから お気軽にお寄せくださいね!

安藤先生の講演

​即興子育て相談スタイル ​好評受付中です!

様々な場所で、教育講演会を行っている安藤先生。

来場者みなさんからの相談に、安藤先生がその場で回答するという、

来場者参加型「即興子育て相談スタイル」の講演会が

好評、人気です!

学校、PTA、教育機関など、

ご依頼いただければご相談の上、安藤先生が講演に伺います。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら!!

https://www.andodaisaku.net/