こんばんは、ADのりょうです


今日は津と松阪で、気温が30℃を超えた日となりました。




水曜日です♪



。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+

◆ 津市情報マップ


 さわやかウォーキング
  ~国宝高田本山専修寺御影堂・如来堂と一身田寺内町を訪ねて~

とき:9月22日(土)午前9時~11時30分受付
受付場所:JR津駅東口
雨天決行
事前の申し込み不要


国宝に指定された「高田本山専修寺 御影堂、如来堂」と一身田寺内町周辺の名所を巡るウォーク。

コース
曹洞宗の寺院 宗宝院から、三重県総合博物館MieMu、真宗高田派 勝楽寺をめぐり、
醤油作りの老舗「下津醤油」、一身田商店街では、こんにゃくやおまんじゅうなどのプレゼント。
高田本山専修寺では、僧侶から専修寺についてのお話。
一身田寺内町周辺では、名所旧跡に詳しい「一身田寺内町ほっとガイド会」のみなさんから説明を聞くことができます。

ゴールは「一身田寺内町の館」で、全工程、約6キロのコース。

お問い合わせは、
商業振興労政課
電話 059-229-3169



■ 「ひさい榊原温泉マラソン」参加者募集

とき:11月18日(日)
ばしょ:榊原温泉郷周辺

大会種目は、6つのコース。
・ハーフマラソン 高校生以上
・10kmコース 高校生以上
・5kmコース  高校生以上
・3kmコース  中学生対象
・1.5kmコース 小学生対象
・ファミリーコース(2km) 1グループ5人以内 先着120組限定


参加者には、温泉日帰り入浴券をプレゼント。

参加ご希望の方は、
津市スポーツ振興課、または久居体育館、各総合支所地域振興課にある所定の「申込用紙」に必要事項を記入の上、参加料を添えて、
「久居体育館」へお申し込みください。
インターネットからもできます。

締切 9月30日(日)



詳しくは、
久居総合支所地域振興課
電話 059-255-8803




。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+






本日もお聴きいただきありがとうございました('ω')






それではまた
★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★

EVENING COASTER

月 ~ 木  17:00~18:55

★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★¥

でお会いしましょう!( ´ⅴ`)ノ







こんばんは、ADのりょうです


三重県内、今日は気温が30℃を超えたところが多くありました。


火曜日です♪



。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+

 SELECT NEW BOOKS


週替わり月一コーナー
毎月第3火曜日
「SELECT NEW BOOKS」
のコーナーです。

ご出演頂いたのは、おなじみ☆ブックアドバイザーの
山上 昌彦(やまがみ まさひこ)
さんです♪♪


今日ご紹介いただいた本は...、
「自衛隊防災BOOK」
(マガジンハウス)

s-P1110324_edited.jpg

人命救助、食料の確保や給水、緊急措置など、災害時のトラブルに対処するさまざまなテクニックやアイデアの中から、わたしたちが取り入れることのできるノウハウをピックアップ。


・停電時にツナ缶やバターをロウソク代わりにする方法
・ナイロン紐を素手で切る方法
・缶切りなしで缶詰を開ける方法
・シャツを浮き輪代わりにする方法 などなど


災害時に日常生活に役立つテクニックが全部で100


一つずつイラストや写真を用いられ、わかりやすい説明がついていて、読みやすくなっています。

これは、面白く読めて、災害時や日常生活にも役立ちますね。
紹介していただいた内容にわたしも思わず「へぇ~っ!('ω')」と声が出てしまいました。

山上さん、役立つ本をありがとうございました!!


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+

◆ こんにちは三重県です

今日は、
三重県 森林・林業経営課
横澤 篤(よこさわ あつし)さんにご出演いただきました!

s-P1110323_edited.jpg


今日お話頂いた内容は・・・
みえ森林・林業アカデミー開講記念シンポジウムについて。

「みえ森林・林業アカデミー」が来年開講されるのを記念して開催されるシンポジウム。



「みえ森林・林業アカデミー」とは、来年4月に開講される学校。
これからは、森林を上手に活用するために、環境への配慮や経済性、安全面や地域との関わりについてしっかり取り組んでいく人材が必要。
さらに、これまでと違った新しい視点や様々なアイデアも必要になってくるということで、そのようなことを学べる学校。講座は、月に1,2回程度の集中講義スタイル。

今回のシンポジウムは、講演やパネルディスカッションに学識者や林業関係者をはじめ、デザイナーや木材利用に関わる方など森林をとりまく様々な分野の方にご登壇いただきます。


記念講演を行われるのは、オフィスなどで使うスチール家具のプロダクトデザイナーをされている若杉浩一さん。
お話しは面白いと定評があるそう。


デザインや地域の活性化といったことに関心のある方にもぜひご参加いただきたい、ということでした。



みえ森林・林業アカデミー開講記念シンポジウム
とき:10月8日(月・祝)
ばしょ:ホテルグリーンパーク津

お申し込みやアカデミーの詳細は、ホームページもしくはこちらから
みえ森林・林業アカデミー Facebook
https://www.facebook.com/miemorimanabi/


お問い合わせは、
三重県 森林・林業経営課
電話 059-224-2991



。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



「コスモ アースコンシャス アクト クリーン・キャンペーン」
in 国府の浜


16日の締切でした。たくさんのご応募ありがとうございました。
御案内の発送は、当選者のみ(グループ代表者)に9月20日頃の発送を予定しています。



本日も、お聴きいただき、
メッセージ、リクエストもありがとうございました♪





それではまた

★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★

EVENING COASTER

月 ~ 木  17:00~18:55

★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★

でお会いしましょう

( ´ⅴ`)ノ 明日また夕方5時に~♪寒暖差にごちゅういください('ω')






みなさんこんばんは!
今日のADは白石が担当しました♪


今日の内容、さっそくふり返っていきましょう☆☆






。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+





月曜コーナー
『 Focus on JAPAN 』



タイムリーな話題をピックアップしてお話しいただきます。




担当して下さったのは、おなじみ・・・♪

皇學館大学 元教育学部長で現 特命教授
深草 正博(ふかくさまさひろ)先生です




今日のテーマは『地震と歴史』




地震と歴史に相関が?というお話...。




1988年に地震考古学を提唱された
寒川旭(さんかわあきら)さん、
『地震の日本史』中公新書より、
まずは2つの地震を例にご紹介いただきました。




【天正地震1586年】



秀吉が天下統一のため、
美濃大垣城から三河(家康)へ
攻め込もうとしましたが、
地震により城が倒壊・・・


あわてて大阪へ逃げかえり、家康と和解したんだとか。


地震がなければ家康の天下はなかったかも?しれませんね。




【安政大地震1854年】



幕末の大変有名な地震ですが、その少し前に
伊賀上野地震があり、
そこから
1867年大政奉還まで、

大小11もの地震があったんだそうです。


これにより、将軍家をはじめ水戸、紀州、尾張の御三家が被災。
財政難でガタガタになってしまいました。


そして、長州、薩摩は災害にあわず...。
両藩は力を備えたんだとか。


これが倒幕につながったのかも?しれません。



地震と歴史には、大きな関係があったかもしれませんね。






■必ずやってくる南海トラフ地震



もちろんやって来て欲しくないですが、、、
歴史を見るとそういうわけにもいきません。



南海トラフとは、四国の南に水深4千メートル級の
深い溝がある地形のこと。


東側で起こるのが東海地震、西側が南海地震、
あわせて東南海地震とも言います。



さぐっていくと、
日本書紀に684年に初めて記され、

その後、 
887年 1096年 1099年
1361年 1498年 1605年・・・
1707年 1854年 1944年・・・


ということだそうですが、
1361年以降、
最短で92年、最長で147年おきに来ている...
ということなんです。



2018年は前回起きた1944年の地震から74年なので、
「最短92年」でいくとあと18年後。
最長で見ると73年後ですが。。。
もちろん明日きてもおかしくない状況です。

真ん中をみても45年で、少なくとも30年~40年の間には
70~80%起きると言われています。



歴史を見ると決して他人事ではないんですね。。。





■過去の教訓をどういかすか




(1)伊賀上野地震 1854.7.7 M7.2



名張に在住の元小学校校長 竹内英雄さんが、
現職中に「大地震覚書」(伊三郎)という著書に出会い、
なんとか現代語訳されたそうです。


それによると、非常に具体的にいろんなことが書かれており、
不気味な地なり音を「どぶどぶ」と表記。

色んな言葉が出てきて、具体的な被害の様子がよく伝わってくる著書だとか。



内容には、

①竹やぶに逃げろ
②家がつぶれたら出火のおそれがあるから煮炊きを家の中でするな
③盗人が多くなるから気を付けろ
④村人同士の相談・情報交換をする

...と、現代にも通じることがたくさん書かれているです。





(2)「稲むらの火」



安政南海地震 1854.11.15


和歌山県広川町で、浜口梧陵という人が、
海が引いていくのを見て、

自分の大事な稲わらに火をつけて、
村人を高台に避難させた...という話。


小泉八雲さんも「生ける神」とも表記したそうです。




(3)釜石小学校の話


全校児童184人が全員無事だった奇跡の話。

ある6年生が
「奇跡じゃない、学校で教わったことをそのまま実行した」
と言ったんだそうです。

非常に重要な話ですよね。


三陸地方に伝わっていた「津波てんでんこ」
ともかく家族てんでバラバラに高台に逃げろ、という
言い伝えも大きな役割をしたと言われています。




こういった災害があっても...
どうしても、直後だけ騒がれるものの
忘れてしまう場合もありますよね。



忘れないで、教育をしていく。
覚えておく。
とても大切なことですね。




深草先生、ありがとうございました~♪♪



s-P1110322.jpg






。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+





18時22分ごろからはこの番組!




『肺、おさむに聴け! ラジオを聴いてLung Lung Lung』




毎回、
肺・呼吸器疾患の最新の医療情報を伺っています。


日々、最前線で患者と向き合う医師の率直な言葉から、
医療にかける思いと可能性を感じてください!





ご出演は、おなじみ

松阪市民病院・呼吸器センター長 畑地 治先生です!



先生は、今度東京で、タレントの優木まおみさんと対談するのを
楽しみにされているんだとか・・・。。



対談内容は、日経新聞にも載る予定だそうですが、


色々好きな食べ物とか、そういった話をしたい先生に対し...
ぜんそくの話で対談...と少しだけ嘆かれていました。(笑)


お土産は赤福の予定なんだとか。。。(笑)




「重症ぜんそく」がテーマだそうです。




状況として、重症喘息の患者さんは、
薬がよくなっていることもあり、
少なくなっているそうです。



通院することが一番だそうですが、
いろいろ光が見えてきているそうですよ。



また対談の裏話なども、お待ちしています。




さて、このコーナーでは畑地先生への質問をお待ちしています。

この番組ブログ横のバナーから送ってくださいね!



お送りいただいたメッセージを番組でご紹介させていただいた方には、
松阪市民病院 呼吸器センターのオリジナルグッズをプレゼントします!


ぜひ、みなさんからのメッセージお待ちしています!


住所・名前・お電話番号、お忘れなく~!




畑地先生、ありがとうございました!



。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

今日の放送、いかがでしたか?(^^)

EVENING COASTERまた明日、夕方17時です!

聞いて下さいね~♪